犬が喉に詰まりやすい食べ物と対処法

愛犬が喉に詰まりやすい食べ物と対処法

犬の場合は人間と違い、ほとんど噛まずに、飲み込むようにごはんを食べます。

そのときに、喉に引っかかったような仕草を見せることがあります。

それは具材の大きさが大きすぎるのかもしれません。

海藻やきのこ(とくにえのき)は、ヌルヌルしていて飲み込みにくいので切り方に少しだけ注意が必要です。

ヌルヌルしているのは、食物繊維の特徴の1つだよ。

ごはんくん

海藻やきのこは、細かく!

大きい具材

とくにわかめやえのき、昆布などは気をつけましょう。

キッチンバサミは、海藻を細かく切るのは向いていません。

モナさんがわかめを喉に引っかかった時も、キッチンバサミを使ってごはんを作った時でした。

海藻類は乾燥させたまま切るか、包丁を使ってみじん切りしましょう。

モナさん

わかめは、飲み込みにくいモナ

喉に食べ物が詰まった時の対処法

愛犬が喉に何かがひっかかったようなカーッカーッとした咳をしている時は、人間が手伝ってあげましょう。

対処法

1.愛犬の下半身を持ち上げる。

お腹の下に手を入れて、頭よりもお尻が高くなるように下半身を持ち上げます。

食べ物を詰まらせた犬の下半身に手を入れる

 

2.頭の後ろ〜首の付け根あたりをトントン(強めに)たたく。

おさまらなかったら、口の中に手を入れて吐かせましょう。

自分で吐ける子の場合、ここまでやる必要はありませんが、シニアの子は命に関わるのですぐに対処することが大切です。

注意
何分か経てばおさまることが大半ですが、その後も咳のような状態が続いている子は様子をみて病院に行きましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA