犬が鳥の骨を食べるとどうなる?実際の様子と対処法

愛犬が鶏の骨を食べてしまったとき

鶏の骨は、犬にあげてはいけないNG食材の1つです。

モナさんが鶏の骨をかじって、血便や粘膜便をしてしまった時のお話です。

その時の細かい様子と、私が行った対処法をのせました。

手羽先の骨を食べて体調をくずす

その日のご飯は、こちらです。

手羽先をつかった犬のご飯

この事件は、私が手羽先を落としてしまったことから始まりました。

手羽先をあげるときは、私が両手でつかみながらあげています。

その日、私の不注意で手からポロっと手羽先が落ちてしまいました。

モナさんは、待ち構えていたかのように全力で落ちた手羽先を拾い、自分の部屋でガジガジしていました。

(すぐに追いかけ、そーっと取り上げました。)

当日は血便や粘膜便(透明なジェルのような粘膜がついたうんち)、下痢を半日繰り返していました。

当の本人はうんち以外の異常はなく、食欲も元気もあったので様子を見ました。

モナさん

野生の血が騒いだモナ。
注意
食べてはいけないものを愛犬が食べてしまいそうな場合、慌てずに対処しましょう。

飼い主さんが慌てると、愛犬もつられて慌ててしまい、飲み込んでしまうことがあります。

対処法

手羽先をあげるときは、気をつけましょう。

手羽先の骨を圧力鍋でポロポロにしてからあげると、カルシウムもしっかりとることができます。


後日談

次の日は、消化に良いごはんをつくりました。

「胃にやさしいごはん」

胃に優しい犬の手作りごはん

ー材料ー
鶏むね肉
さつまいも
白米
くず粉

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です