私がはじめて犬の手作りごはんを作った時の話

私がはじめて手作りごはんを作った時の話

前回のおはなしは、こちらです。

ドッグフードから手作りごはんになるまでドッグフードから手作りごはんにした経緯

モナさんがドッグフードボイコットを起こしたことから始まった手作りごはん。

かたくなに食べないために、どんどん痩せていくモナさん。

手作りごはんを最後の希望に、少し緊張しながらモナさんのごはんをつくりました。

はじめて作る手作りごはん

本を読みながらはじめて作った手作りごはんは、たっぷりのお野菜とお肉に、溶き卵を落としたごはんでした。

具材が大きすぎたり、多く作りすぎてしまったりと、最初は踏んだり蹴ったりでした。

モナさん

美味しければいいモナ〜

にんじんの匂いを嗅ぐ犬

モナさんがにんじんをはじめて嗅いで、興味津々にしている様子は、なぜか胸が苦しくなりました。

 

大型犬のごはんくらいの量になったりしてるのを、モナさんが心配そうに見ていました。

そんな中作った初めての手作りごはんは、なぜか30分以上かかりました。

 

ごはんをみる犬

ごはんが完成すると、待っていたかのようにオスワリをして待つモナさん。

 

手作りごはんを食べる犬

ドキドキしながらあげると、瞬く間にスープを飲み干しました。

 

5分後。

食べなくなったので、完食、らしいです。

残っている具材が気になりますが、モナさんが匂いするなり口にしてくれた時は、すごく嬉しかったです。

MEMO
後でわかりますが、モナさんはニンジンやしめじが大きいと食べません。ただの好き嫌いです。

手作りごはんをはじめて1ヶ月後

ごはんを完食する犬

手作りごはんにしてから、完食することが多くなりました。

もちろん、モナさんの体調や気分によって残すことはあります。

 

手作りごはんを残す犬

ごはんの時間になると自分の部屋から出てきてキッチンで催促したり、味見を欲しがったり、おかわりを求めたりすることは、ドッグフードのときはありませんでした。

 

身を乗り出しながらごはんを食べる犬

ビックリしたのは、身を乗り出しながら食べはじめたときです。

お皿に顔を突っ込みながら、テーブルに足をのせて食べているのを見たとき、手作りにしてよかったなぁと思いました。

モナさん

いつ撮ったモナ!?

最後に

今回は、モナさんが手作りごはんにするまでのいきさつを書きました。

なんとなくハードルが高いイメージの手作りごはんですが、実際に作ってみると、人間の定食を作るよりカンタンです。

食材を切って、白米とコトコトさせたら立派な手作りごはんの完成です。

かんぺきな1食よりも、長く続けることが大切だよ。

ごはんくん

 

いっしょに読みたい!

ごはんの作り方

栄養バランスのいい犬の手作りごはんの作り方

 

材料やレシピが気になる方はこちらをお読みください。

キヌアと鹿肉のおじやの作り方愛犬ごはんのレシピ「キヌアと鹿肉のおじや」しいたけときゅうりのおじやの作り方愛犬ごはんのレシピ「しいたけときゅうりのおじや」愛犬ごはんのレシピ「鹿肉シチュー」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA