愛犬ごはんのレシピ「お鍋の残りごはん」

お鍋の残りで作るごはんの作り方

お鍋は、とても栄養バランスの良い日本食のひとつです。

具材を愛犬用にとっておいて、あとで別で調理するだけなのでとてもカンタンです。

モナさん

犬用お鍋モナ!

お鍋の残りごはん

今回は、お鍋に火をかける前に具材をとっておきました。

お鍋に火をかけて、火の通った具材をとって愛犬用にカットすると、さらに楽になります。

材料

鍋の残りご飯

  • 豚肉
  • 木綿豆腐
  • しらたき
  • えのき
  • しめじ
  • レタス
  • うどん

今回の主食は、うどんです。

うどんやしらたき、えのきなどは、長くて食べられないので、短くカットしてください。


作り方

手順1
コトコト
材料を全て軽く煮る
手順2
完成!
冷めたら、完成です! 

1.コトコト

鍋の材料

全ての材料を細かくカットしてから、鍋に入れます。

 

その材料が浸るくらいのお水を入れたら、火をつけます。

 

お肉やうどんに火がとったら、お皿に盛って粗熱をとります。

2.完成!

豚肉の旨みがでて、とても美味しそうです。


実食

豚肉が大好きなモナさん、すぐに食いついています。

手作りごはんを食べている犬

 

数分後

なぜかうどんだけを残して、ドヤ顔しているモナさん。

モナさんの感想

モナさん

うどんをもっと短く切ってほしいモナ

お鍋の残りごはんの栄養素

今回のごはんの栄養素をカンタンにグラフにしました。

お鍋の残りごはんの栄養素グラフ

日本食品標準成分表2015年版(七訂)をもとに作成しました。

うどんが少なかったようで、糖質が少なめになりました。

愛犬の手作りごはんで、一日のごはんの栄養素グラフをキレイな五角形にすることは、重視しなくて良いです。

しっかりとした今日の栄養バランス!よりも、ごはんを毎日つくり続けることや、偏ったごはんにならないことが大切です。

偏ったごはんって?

1週間、1ヶ月同じものを食べているまたは、食べ物のバリエーションが少ないごはん。

今週うどんしかあげていないな、ここ1ヶ月豚肉しかあげていないな、というのは避けましょう。

給食がある学校も、1ヶ月単位で栄養バランスを考えるよ。

ごはんくん

 

参考サイト

グリコ すぐわかる栄養成分ナビゲーター

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です