愛犬ごはんのレシピ「まぐろ丼」

まぐろ丼の作り方

まぐろを使った愛犬のごはんの作り方です。

まぐろ以外の材料でチャーハンを作って、生のまぐろをのせたら完成です。

皮膚を健やかにしたい愛犬や、皮膚炎を患っている愛犬にオススメのごはんです。

まぐろ丼

まぐろの赤身の切り身を使って、愛犬用のまぐろ丼を作ります。

お魚は、お魚からしか得られない栄養素が豊富なので、積極的にごはんに取り入れてください。

ちなみにお魚の脂質はえごま油や、あまに油でも代用は可能です。

関連記事

お魚が苦手な愛犬に!お魚の栄養素が豊富な油3種お魚が苦手な愛犬に!お魚の栄養素がたっぷりな油3選

材料

愛犬用まぐろ丼の材料

  • まぐろ
  • もやし
  • セロリ
  • 玄米
  • ひまわり油

玄米は、みじん切りしてあります。


作り方

手順1
炒める
材料を炒めます
手順2
完成
ごはんの上にまぐろをのせたら完成です 

1.炒める

まぐろ丼を炒めている様子

まぐろ以外の材料をひまわり油で炒めます。

弱火で3分ほどいためて、もやしに火を通しましょう。

 

2.完成

完成したまぐろ丼

1で炒めたごはんをお皿に盛って、その上にまぐろをのせたら完成です。

 

と、言いたいのですが、

モナさん、15分置いても全くまぐろ丼食べないので、レシピを少しアレンジしました。

 

3.さらに炒める

まぐろ丼を炒めている

先ほど完成したまぐろ丼を炒めます。

 

4.完成

アレンジしたまぐろ丼

火を通したまぐろ丼の完成です。

愛犬のお好みで生のまぐろ丼か、火を通したまぐろ丼かお選びください。


実食

まぐろ丼を見つめる犬

生のまぐろ丼は、見向きもしなかったモナさん。

アレンジまぐろ丼には興味があるようです。

 

まぐろ丼にくいつく犬

バクバク食べています。

 

まぐろ丼を完食した犬

きれいに完食しました。

モナさんの感想

モナさん

生のまぐろは好きじゃないモナ〜

まぐろ丼の栄養素グラフ

まぐろ丼の栄養素グラフ

まぐろ丼は低カロリーでダイエットにも向いているごはんです。

お魚の切り身を買うときは、血が滲みでていなくて、黒ずんでいないものを選ぶようにしましょう。

まぐろ丼には皮膚を正しい状態にする栄養素が豊富だよ!

ごはんくん

 

参考サイト

グリコ すぐわかる 栄養成分ナビゲーター

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA