安心して愛犬ごはんに!プロが教える良い油を選ぶ3つのコツ

プロが教える!良い油を選ぶ3つのコツ

お肉やお魚などは、見た目だけで栄養素の豊富さや、鮮度がある程度わかります。

ですが、油は見た目だけで得られる情報は少なく、中には酸化がかなりすすんでいる油もあります。

「良い油の選び方をしらない…」「なんとなくで油を選んでいる」という方にオススメの記事です。

モナさん

大好きな油のおはなしモナ〜

良い油の選びかた

3つのコツをおぼえておけば、良い油を選ぶことができます。

安全な油で安心して愛犬にあげられる、酸化に対する対策がされているかを重視しました。

MEMO
油は酸化してしまうと、過酸化脂質となり遺伝子を傷つけてしまいます。なので、油はあまり酸化されていないものを買うのがマストです。

 

1.圧搾法か

圧搾法は、原料をすりつぶして油を抽出する方法なので、溶剤を使っていないため安心して使えます。

見分け方は、パッケージや裏面に圧搾法と表示されているかどうかで見分けることができます。

MEMO
溶剤を使って油を抽出する方法は、一緒に溶剤も油に溶け出すのであまり体に良くはありません。

 

2.酸化への対策がされているか

たいていの油は、光と熱、空気に弱いです。

それらの酸化から守る瓶(黒や茶色の瓶)を使っている油がオススメです。

透明な瓶でも、箱がついているものを選びましょう。

ボトル式のものよりも、瓶がいいよ!

ごはんくん

 

3.きちんと表記されているか

農薬や遺伝子組み換えの有無、原産国、製造方法などがしっかりと書かれていること。

農薬や化学肥料、遺伝子組み換えされたものは、遺伝子を傷つけてしまうため、出来るだけ避けましょう。

原産国の記載がない、公式サイトが存在しない、製造者情報が載っていない。などの販売元はあまり信用できません。

公式サイトをチェックすると、より細かい情報がのってるよ!

ごはんくん


油の産地って気にした方がいい?

油は国産であることは重要ではありません。

産地よりも、さきほどあげた3つの条件を満たしているかどうか、を気にしたほうがよいです。

日本で売られているえごま油を調べると、酸化がすすんでいるものが多いです。

そのことからも、日本産か外国産で油を選ぶよりは、中身をみて判断した方がよいといえます。

モナさん

油って奥深いモナ〜

 

参考資料

見た目だけでは分からない、えごま油の品質

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA