愛犬が不足したらダメ!イラストでわかる必須脂肪酸

愛犬が不足したらだめ!必須脂肪酸って?

愛犬が不足してはいけない栄養素に、必須脂肪酸(ひっすしぼうさん)というものがあります。

必須脂肪酸は犬の体では作られないので、意識して与える必要があります。

今回は必須脂肪酸のはたらきや、種類、不足しやすい必須脂肪酸や、オススメの摂り方などをまとめました。

つまり、犬に必要な油のお話だよ。

ごはんくん

必須脂肪酸って?

必須脂肪酸

いくつかある脂肪酸の中で、犬が不足してはいけない脂肪酸が2つあります。

それを必須脂肪酸といいます。

必須脂肪酸は、犬の体では合成することができません。

そのため、必須脂肪酸は食べ物から積極的に摂る必要があります。

必須脂肪酸のはたらき

必須脂肪酸が脳みそを作る

必須脂肪酸は脳や、網膜(眼で見たものを脳に送るところ)などの機能向上などに関わるため、犬の成長に欠かせません。

さらに必須脂肪酸は、悪玉コレステロール値を下げ、動脈硬化を予防するはたらきなどがあります。

必須脂肪酸が不足すると、血管がもろくなったり、脱毛症や皮膚の色素沈着、皮膚炎など皮膚に異常をもたらします。

犬が摂るべき必須脂肪酸は2種類あり、はたらきや含まれている食べ物が違います。

モナさん

油って奥が深いモナ〜

2つの必須脂肪酸

必須脂肪酸は、オメガ3脂肪酸とオメガ6脂肪酸があります。

特徴をカンタンにまとめました。

それぞれの詳しいはたらきや、オススメの食べ物は、気になる脂肪酸の詳しく読むをクリックしてください。

オメガ3脂肪酸(α-リノレン酸)

主に植物が作りだし、私たち人間や犬などの哺乳類は体内で作り出せない必須脂肪酸です。

そのため、もっとも摂取しにくい脂肪酸です。

オメガ3脂肪酸は、お魚や、しそ(えごま)油やあまに油に豊富に含まれています。

悪玉(LDL)コレステロールを減らし、動脈硬化や高血圧を予防しながら、血液や血圧を健康な状態にします。

ラットの脳を変えた油の実験

オメガ3脂肪酸が豊富なご飯を食べていた方が学習能力が上がった

オメガ3脂肪酸を多く含んだ食事を2世代にわたって与えられたラットは、オメガ3脂肪酸が少ない食事を食べていたラットと比べて、学習能力や記憶力が高いことがわかりました。

オメガ3を詳しく読む


オメガ6脂肪酸(リノール酸)

オメガ6脂肪酸の供給源

お肉や豆類、乳製品、穀物類などから摂ることができる必須脂肪酸です。

一般的な手作りごはんをしていれば、愛犬がオメガ6脂肪酸を不足することはありません。

血圧を下げるため高血圧を予防し、愛犬の成長期に欠かせない脂肪酸です。

リノール酸の摂りすぎと殺人率

リノール酸(オメガ6脂肪酸の1つで、ぶどう油や紅花油に多い脂肪酸)の摂取量が多いアメリカやアルゼンチンは、それに伴って殺人率が高くなっているというデータがあります。

なんでも摂りすぎはよくないんだね。

ごはんくん

オメガ6を詳しく読む

まとめ

必須脂肪酸は、犬や人間が体内では作り出せない栄養素です。

そのため、食べ物から摂る必要があり、必須脂肪酸は2つあります。

オメガ3脂肪酸のα-リノレン酸と、オメガ6脂肪酸のリノール酸の2つです。

オメガ3脂肪酸

不足しやすく、オススメの摂取源はお魚やえごま油、あまに油です。

オメガ6脂肪酸

摂りすぎになりやすく、お肉や乳製品、穀物類など普段の食生活で必要量は満たせます。

 

参考文献

奥山治美その他著(2008)『油の正しい選び方・摂り方』農山漁村文化協会社

Division of Dermatology, Department of Medicine, Faculty of Medicine, Ramathibodi Hospital, Mahidol University, Bangkok, Thailand.Division of Nutrition and Biochemical Medicine, Department of Medicine, Faculty of Medicine, Ramathibodi Hospital, Mahidol University, Bangkok, Thailand.Dr Wanjarus Roongpisuthipong MD(2012)『Essential fatty acid deficiency while a patient receiving fat regimen total parenteral nutrition』

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA