愛犬のがんの予防に!オメガ9脂肪酸の働きとは

オメガ9脂肪酸のはたらき

オリーブオイルやキャノーラ油に多いオメガ9脂肪酸。

不飽和脂肪酸の中では珍しく、酸化しにくいのが特徴の1つです。

そのため、ガンや老化、生活習慣病の予防にはオススメの脂肪酸です。

オメガ9脂肪酸って?

オメガ9脂肪酸は、人間や犬の体内で合成できます。

悪玉コレステロール(LDL)善玉コレステロール(HDL)の、2つを下げるはたらきがあります。

酸化しにくく扱いやすいのもオメガ9脂肪酸の特徴で、過酸化脂質を作らないためガンの予防にもつながります。

過酸化脂質って?

体内の脂質が酸化したもので、活性酸素と同じようにがんや生活習慣病を引き起こす。

不足すると?

動脈硬化や心筋梗塞、がんを引き起こすことがあります。

地中海の人の食生活

地中海に住む人々は、オリーブオイルを多く使う食生活で知られています。

地中海の人々の心筋梗塞の発症率が低かったことから、オメガ9脂肪酸が不足すると、動脈硬化や心筋梗塞を引き起こすと考えられています。

オメガ9脂肪酸を不足することは、めったにないよ。

ごはんくん

 

摂りすぎると?

肥満になります。

 

オメガ9脂肪酸が多く含まれている食材

植物油(オリーブ、ナタネまたはキャノーラ、ラード、牛脂、ひまわり油など)、ナッツ類(アーモンド、ヘーゼルナッツ、マカダミアナッツなど)。

MEMO
ハイオレックやオレインリッチなどと書かれている油は、オレイン酸がさらに多くなります。

 

一緒によみたい

コレステロールの違いコレステロールって?善玉と悪玉の違いとは

 

参考文献

主婦の友編(2018)『これは効く!食べて治す 最新栄養成分辞典』蒲原聖可,中嶋洋子 監修.主婦の友社

中屋豊著(2017)『図解入門 よくわかる 栄養学の基本としくみ』秀和システム社

日本食品標準成分表2015年版(七訂)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA