愛犬の成長期に摂りたい!オメガ6脂肪酸のはたらき

愛犬の成長期に必要なオメガ6脂肪酸のはたらき

オメガ6脂肪酸は、ごま油や、ひまわり油に多く含まれている脂肪酸の1つです。

一般的にオメガ6脂肪酸が不足することは、ほとんどありません。

オメガ6脂肪酸は、摂りすぎる傾向にあるよ。

ごはんくん

オメガ6脂肪酸って?

オメガ6脂肪酸は、リノール酸やオレイン酸、アラキドン酸などをさします。

人間や犬の体では合成することができないので、オメガ6脂肪酸は必須脂肪酸の1つです。

悪玉コレステロール(LDL)と、善玉コレステロール(HDL)の値をどちらも低下させる作用があります。

さらに、血圧を下げる作用があるため、高血圧予防にもなります。

オメガ6脂肪酸は成長や発育に不可欠なので、特に成長期に摂りたい脂肪酸です。

過酸化脂質を作るため、抗酸化作用のあるお野菜といっしょに食べるといいでしょう。

過酸化脂質って?

体内の脂質が酸化したもので、活性酸素と同じようにがんや生活習慣病を引き起こす。

 

不足すると?

心筋梗塞や動脈硬化を引き起こしやすくなる。

 

摂りすぎると?

肥満、がん、動脈硬化などを引き起こしやすくなります。

免疫力が下がり、炎症やアレルギーなどを招くこともあります。

アレルギーと油の関係

オメガ6脂肪酸の1つであるリノール酸を摂りすぎると、体内でアレルギー発動スイッチを押す成分を作ります。アレルギー対策法の1つとして”リノール酸を減らしてみる“という手もあります。

リノール酸を減らすには?

お魚やオメガ3脂肪酸が豊富な油を意識してあげてください。

オメガ3脂肪酸が豊富な油3種

 

オメガ6脂肪酸が多く含まれている食べ物

サフラワー油(紅花油)、ぶどう油(グレープシード)、ひまわり油、綿実油、とうもろこし油、大豆油など。

MEMO
ハイリノール、リッチなどと書かれている植物油は、さらにオメガ6脂肪酸が多くなります。

 

一緒によみたい

コレステロールの違いコレステロールって?善玉と悪玉の違いとは

 

参考文献

主婦の友編(2018)『これは効く!食べて治す 最新栄養成分辞典』蒲原聖可,中嶋洋子 監修.主婦の友社

中屋豊著(2017)『図解入門 よくわかる 栄養学の基本としくみ』秀和システム社

奥山治美その他著(2008)『油の正しい選び方・摂り方』農山漁村文化協会社.

日本食品標準成分表2015年版(七訂)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA