犬の手作りごはんの量の決め方

今回は、犬の手作りごはんの”量”の決め方についてです。

とってもカンタンに、それぞれの犬に合ったごはんの量がわかることができます。

ごはんの量の決め方

この記事に書いてあるごはんの量のはかり方は、須崎恭彦先生という獣医さんが本に載せている方法です。

 

手作りごはんの量の基準となるのは、意外にも犬の頭の大きさです。

どうして頭の大きさがごはんの量になるのか。

犬の頭の大きさは胃の大きさと比例するそうからなんだそうです。

なので、頭の大きさくらいが、その犬にとってちょうどいいごはんの量みたいです。

モナさん

私は、頭が小さいから少なめ

 

犬の頭の大きさのはかり方

ここでモナさんを使って説明します。

だいたい耳のつけねから、頭の部分に帽子をかぶせるイメージです。

このオレンジ色の部分が、一回のごはんの量の目安になります。

ここではかった大きさと同じくらいの大きさのお皿を用意しておくと、毎回の手作りごはんが作りやすくなります。

ちなみに、モナさんのごはんの器は、こちらのハリオというメーカーのお皿を使っています。

重さと大きさがちょうどいいので、4年ほどずっと同じものを愛用中です。

(こちらのサイズはチワワやシーズのような小型犬用です。)


今回は、それぞれの犬に合ったごはんの量を知ることができました。

特別な道具や、計算式を使わないのでこの記事を読みながらでも、1食分のごはんの量を確認できると思います。

スタートガイドに戻る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です