スーパーで買える!犬にいいおすすめのヨーグルト3つ

スーパーで買える!犬にいいおすすめのヨーグルト

犬にヨーグルトが効果的と聞いたけど、どのヨーグルトをあげたらいいんだろう?

なにか見分け方や、おすすめの種類とかってあるのかな?

という方のお悩みを解決します。

この記事を読むと、犬により効果的なヨーグルトを知ることができます。

今回紹介するヨーグルトを選ぶことで、かしこい選択ができ、愛犬の腸をより効率的に元気にすることができます。

私は手作りごはんを毎日作っていますが、実際に今回ご紹介するヨーグルトを選んで買って愛犬にあげています。

どうせ買うなら犬にいいヨーグルトが知りたい!という方は、絶対役に立つので、ぜひ読んでみてください。

目次

犬にいいおすすめのヨーグルトは「この3つ」

  • ビヒダス・無糖
  • ナチュレ恵
  • おなかにおいしい ヨーグルト

犬にいいヨーグルトはこの3つのヨーグルトです。

理由は、犬の胃酸に負けないつよい耐酸性(酸性につよい力)をもつビフィズス菌だからです。

犬の胃酸に負けないビフィズス菌

  • ビフィドバクテリウム・ロンガム
  • LKM512

ビフィドバクテリウム・ロンガムとLKM512は、犬が食べてから、うんちになったときまで生きていたビフィズス菌です。

これらのビフィズス菌を与えられた犬は、腸内環境がよくなり、病気への抵抗力があがったということがさまざまな実験でわかっています。

そのほかにも、うんちやおならのにおいの軽減感染症の予防や、胃腸の病気予防にも効果的であることが明らかになっています。

炎症性結腸直腸ポリープを患っているミニチュアダックスフンドは、短鎖脂肪酸が少ないことがわかっています。
胃腸の免疫力を高めながら、短鎖脂肪酸を増やす手段の1つとして、B.ロンガムの入ったヨーグルトを取り入れましょう。

ビヒダス 無糖

ビヒダスには、さきほど紹介したB.ロンガムというビフィズス菌が20億個含まれています。

現在スーパーで売っているヨーグルトの中では、ビヒダスが最も多くB.ロンガムを含んでいます。

ビヒダスは酸味があまりなく、味にくせがないので、グルメな犬やヨーグルトを初めて食べる犬にもおすすめです。

ナチュレ恵

ナチュレ恵には、B.ロンガムが10億個入っています。

ビヒダスと比べるとビフィズス菌が半減しますが、ビヒダスが近くのスーパーに売っていない!というときには、ナチュレ恵でも代用はできます。

L.カゼイは人間の腸内で、さまざまな病気のもととなる悪玉菌をやっつけるはたらきが強いことがわかっています。

犬への効果はわかっていません。

愛犬と一緒にヨーグルトを食べたい考えている飼い主さんは、ナチュレ恵がおすすめです。

おなかにおいしい ヨーグルト プレーン

出典:メイトー おなかにおいしい ヨーグルト プレーン

メイトーのおなかにおいしい ヨーグルトは、協同乳業と提携されたスーパーでしか売っていません。

ですが、犬に効果的なLKM512を含む唯一のヨーグルトなのでご紹介しておきます。

LKM512は犬の大腸で生き残るだけでなく、成長し、数が増えたことが中村氏らの実験で明らかになっています。

一番腸内細菌があつまる大腸で増える。ということは、腸内環境を改善するときにとても大切です。

腸内細菌は、まわりの意見に合わせる。という特徴があります。

大腸で善玉菌が増えることで、「私もみんなに合わせておこう」と思う菌が増え、効率よく善玉菌を増やすことができます。

本格的に愛犬のおなかの調子をよくさせたい。と思っている方は、LKM512を含む、おなかにおいしい ヨーグルトがおすすめです。

どこで手に入るの?

  • メイトー公式ショップで買う
  • メイトーのヨーグルトキットでLKM512がはいったヨーグルトを自分で作る

愛犬にLKM512のはいったヨーグルトをあげる方法は、この2つしかありません。

メイトー公式ショップで買う方法もありますが、さくっと買えて楽ですが、少し高いです。

>>公式 メイトーオンラインショップ

手作りヨーグルトキットでつくる方法は、手間がかかりますが、コスパがよく、楽しいです。

LKM512 手作りヨーグルトキット
created by Rinker

LKM512は、スーパーで変えない分、すこし手間がかかりますが、実践してみる価値はかなりあります。

まとめ:ヨーグルトをあげて愛犬のお腹の調子をととのえよう!

スーパーで売っているヨーグルトをあげるだけで、てがるにおなかにいいビフィズス菌を摂らせることができます。

ビフィズス菌は、野菜にも多いのですが、やはりヨーグルトからとるほうが効率が良いです。

愛犬にヨーグルトをあげて、おなかに良い生活を心がけましょう!

参考文献

A Nakamuraら(2015)『Evaluation of viability Bifidobacterium animalis subsp. lactis LKM512 in dogs.』Benef Microbes.

Ho-Eun Parkら(2018)『Effects of Queso Blanco Cheese Containing Bifidobacterium longum KACC 91563 on the Intestinal Microbiota and Short Chain Fatty Acid in Healthy Companion Dogs』Korean J Food Sci Resour.

深田 恒夫ら(2002)『犬の糞便菌叢および便臭に及ぼすBifidobacterium pseudolongum JBP01株含有腸溶性カプセル投与の影響』日本獣医師会雑誌/55 巻 (2002) 11 号.

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる