まずはこれを揃えよう!犬の手作りごはんで必要なもの

あなたが、手作りごはんをはじめよう!と思ったに、揃えておくべき道具の解説です。

実際に私が使ってみて、「これはいい!」と思ったものをご紹介します。

値段もそこまで高くなく、長く使えるものなので、毎日ごはんに使っても安心です。

ではさっそくみていきましょう。

目次

まずはこれを揃えよう!犬の手作りごはんで必要なもの

  • 愛犬用のサイズのお鍋
  • キッチンバサミ
  • 食台

1.愛犬用のサイズのお鍋

たくさんの種類の小さいお鍋がありますが、長く使えて時短ができるオブジェのミルクパンがとにかく優秀です。

私がオブジェのミルクパンを使っている理由は3つです。

  • とにかく火の通りが早いため、調理時間が圧倒的に短く、時短できる。
  • 冷蔵庫にお鍋ごと入れておけるから、洗い物が少なく、楽
  • 5年保証付きで、コゲたらキレイにしてくれるから長く使える

人間用の大きいお鍋を使うと、家族に使えるお鍋が1個減り、冷蔵庫にはいらない上に、さらに大きいので火が通るまでに時間がかかります。

その反面、オブジェのミルクパンはメリットしかないので、愛犬のサイズに合わせたミルクパンを買っておきましょう。

サイズはどうしたらいい?

私は12センチのサイズを使っていて、モナさんのごはんが最高で4杯ほど作れます。

超小型犬や小型犬は、12センチで良いと思います。

1食分(だいたい80g)が写真くらいなので、参考にしてください。

キッチンバサミ

キッチンバサミがあると、まな板も包丁も使わないので洗い物が少なくすみ、かなり楽なので、揃えておきましょう。

安すぎるキッチンバサミでも切れるのですが、意外とお肉が切りづらく、手が痛くなるので、あまり安すぎないキッチンバサミが良いです。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: IMG_3112-3-min.jpg

キッチンバサミ一本あると、リビングで座りながら手作りごはんの準備ができます。

モナさんのアイコン画像モナさん

楽することは大切モナ

食台

手作りごはんは水分量が多く食べにくいので、愛犬が食べやすい高さに合わせられる食台があると、毎食ストレスがかかりません。

ドギーマンのウッデイダイニングは、3段階高さが調節でき、ほかの食台よりも値段がリーズナブルです。

私は、木製のあたたかみが気に入っています。

お鍋などが届くまでに用意しておくもの

  • まな板
  • 包丁
  • スプーン
  • お皿

この4つは持っている人が多いので、用意しやすいと思います。

必要なものが届いたら、さっそく作り方を見ていきましょう!

つぎの講座へ

>>手作りごはんで使っちゃいけない食材ってなに?

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる