【写真付き】犬がアレルギーになりやすい食べ物と主な症状

もしかしたら、うちの犬、アレルギーかもしれない。

犬がアレルギーになりやすい食べ物ってなに?

もし食べ物のアレルギーになったら、どんな症状がでるの?

という方のお悩みを解決します。

犬が肌をかいている

この記事を読むと、犬がアレルギーを引き起こしやすい食べ物や、食物アレルギーになったときに出やすい症状を、写真で知ることができます。

犬の管理栄養士である私が、獣医学書、ペット栄養管理士のテキストを参考に、犬のアレルギーになやりすい食べ物について解説していきます。

なんだか、よく肌をかいている気がする。

食物アレルギーかどうか判断したい。という方は、ぜひみてみてください。

目次

犬がアレルギーになりやすい食べ物

犬の食物アレルギーの70%が、以下の3つの食べ物が原因です。

  • 牛肉
  • 乳製品
  • 小麦

そのほか、

  • 鶏卵
  • 鶏肉
  • 大豆

これらの3つの食べ物も、食物アレルギーの25%を占めています。

犬のアレルギーの割合

東京農工大学の大森獣医師によると、犬のアレルギー疾患の90%は、ハウスダストと食物によるものだそうです。

犬の食物アレルギーの主な症状はかゆみ

食物アレルギーの主な症状は、かゆみです。

皮膚が薄く、毛がうすい場所は、かゆみがでやすいです。

痒みがでやすい場所

  • 目の周り
  • お尻の穴の周り
  • おなか

目のまわり

犬の皮膚病 西山動物病院スタッフブログ

引用:犬の皮膚病 西山動物病院スタッフブログ

目の周りが脱毛し、赤くなる症状がみられます。

また、目をかきすぎて白内障になることもあります。

お尻の穴まわり

アレルギー・ ハウスダストアトピー・ グレイド(3.3)

引用:動物皮膚病図鑑 皮膚科専門外来動物病院 簡易診断  皮膚病部位から病名・仮診断する

こちらの写真はハウスダストアレルギーによる皮膚炎の症状ですが、食物アレルギーの皮膚炎の症状と似ています。

お尻の穴が赤くなり、パンパンに腫れます。

おなか

皮膚炎の犬のおなか

こちらの写真は食物アレルギーの皮膚炎ではありませんが、似ていたので参考にしました。

おなかの部分のみ、毛が抜けていることがあります。

かゆみ以外にも下痢や嘔吐も

痒みと下痢、嘔吐が一気にくる犬

また、下痢や嘔吐をともなうこともあります。

犬の下痢

かゆみはなく、下痢のみでも、食物アレルギーであることもあるので、下痢が続いた日は注意が必要です。

黒い皮膚は、かゆみが長く続いているサイン

ハウスダストアトピー 後期4  グレイド3.8・ 色素沈着から苔鮮化・ 脂漏化開始

引用:動物皮膚病図鑑 皮膚科専門外来動物病院 簡易診断  皮膚病部位から病名・仮診断する

写真はハウスダストアレルギーによる色素沈着ですが、皮膚を長期間かくと、このように黒く、ゴワゴワした皮膚になります。

皮膚を長い間かきすぎて、毛が生えていない場合が多いです。

犬の食物アレルギー反応が出る時間

  • 食事をしてから10〜20分後
  • 食事をしてから24〜48時間後

アレルギーの原因である食べ物を食べてから、すぐにかゆみがでる場合と、遅れて出る場合があります。

基本的に、どちらか一方の時間帯にでるのではなく、同時に出ます。

つまり、食事をして10〜20分後にかゆくなり、1日〜2日後にまたかゆみが出てくる。ということです。

犬の食物アレルギーがでにくい食べ物

  • 普段食べていないお肉
  • 豚肉
  • ジビエ肉
  • ラム肉
  • カンガルー肉

いつも鶏肉を食べているのであれば、鶏肉以外のお肉がアレルギーを引き起こしにくいです。

そのため、アレルギーになりずらい食べ物は、愛犬によって変わります。 

ただ、アレルギーになりずらい食べ物を長く食べ続けても、その食べ物がアレルギーになる可能性があります。

満遍なくいろいろな食べ物を与えることが、アレルギー食材を作らないコツです。

モナさんのアイコン画像モナさん

結構むずかしいモナね

犬の食物アレルギー検査ってするべき?

結論から言うと、信頼性が低いので、私は、必ず受けるべきではないと思っています。

根拠は3つあります。

1.獣医師があまり信用していない

犬のアレルギーに詳しい、大森獣医師によると、lgE検査やリンパ球検査で、陽性だからといって反応するとは限らないため、信用度は低い。と言っていました。

全ての獣医師が信用していないというわけではありません。

2.実験で信頼度が低いことがわかっている

2019年のL Udraite Vovkらの実験によると、アレルギーを持つ犬と、アレルギーを発症してない犬(計41匹)で、唾液と血液をつかったアレルギー検査(lgA、lgM、lgE)をした実験で、陽性反応の数に違いはなかったことがわかっています。

これらのことから、犬のアレルギー検査の信頼度が低いことがわかります。

さらに、犬の毛や唾液で調べるアレルギー検査は、アレルギー診断に使うべきではない。という実験結果もあります。

アレルギーを持つ犬と、持たない犬、偽物の毛を調べてみると、どれも結果は似たような数値になったそうです。

3.私が実際に信じていないから

私は、ハトムギ化粧水を使うと、目が痒くなり、顔もパンパンに腫れます。

また、マグロを食べると首がかゆくなり、真っ赤になって、首が2倍ほどの大きさにまで腫れます。

実際の私のアレルギー検査の結果

ですが、アレルギー検査をすると、2つとも陰性でした。

先生に説明すると、正直、そういう検査です。と言われました。

陽性がでたからといって、反応がでるとは限らない。

陰性だからと言って、反応がでないとも限らない検査。

なら、受けなくてもいいのでは?と私は思っています。

ごはんくんのアイコン画像ごはんくん

役に立っている人もいるから、一概には言えないけどね。

さいごに:じつは犬の食物アレルギーはすくない

冒頭で、犬のアレルギー疾患の90%はハウスダストか食べ物によるもの。と獣医師の言葉をお借りして説明しましたが、じつは、犬の食物アレルギーは少ないそうです。

皮膚科専門の神奈川の動物病院の公式サイトによると、内訳をくわしくすると、

9割のうちの約95%は、ハウスダストがアレルギーだそうです。

つまり、犬のアレルギー疾患の大半は、ハウスダストによるもの。ということです。

なんだか耳をよくかいている、なにか食べ物アレルギーがあるのかも。と決めつける前に、ハウスダストアレルギーの方が多いことを頭に置いておきましょう。

参考文献

阿部又信(2008)『動物看護学全書 第8巻 [改訂3版]動物看護のための小動物栄養学』ファームプレス社.

65. アレルギー・免疫療法 皮膚科専門外来動物病院

一般社団法人日本ペット栄養学会編(2020)『ペット栄養管理学テキストブック』アドスリー社.

Ralf S Muellerら(2016) 『Critically appraised topic on adverse food reactions of companion animals (2): common food allergen sources in dogs and cats.』BMC Vet Res.

Joseph A Bernsteinら(2019)『Hair and saliva analysis fails to accurately identify atopic dogs or differentiate real and fake samples.』Vet Dermatol.

K Coynerら(2019)『Hair and saliva test fails to identify allergies in dogs.』J Small Anim Pract.

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる