愛犬に食物繊維を意識したごはんを!はたらきとおすすめの食べ物

愛犬の手作りごはんでは、食物繊維を意識すると、より栄養満点なごはんが作られます。

食物繊維は体内を掃除してくれるやくわりがあり、きのこ類やまめ、海藻などに豊富に含まれています。

 

いいうんちを作るだけでなく、さまざまな病気を予防するはたらきがあります。

 

今回は、食物繊維のはたらきと、食べすぎてしまった場合に起きること、食物繊維を多く含む食べ物などを解説します。

目次

食物繊維のはたらき

食物繊維は、お腹の中(腸内)を掃除し、メンテナンスなどを加えてきちんとした動きにもどします。

そのため、べんぴや下痢を改善するはたらきがあります。

 

お腹の中のいらないもの(病気の要因となる物質)をうんちにくっつけるため、アレルギーを予防したり、大腸がんを遠ざける役割もあります。

 

血糖値の上昇をおさえ、腹持ちもいいので肥満気味の犬や、ごはんが大好きな犬にオススメです。

食物繊維が不足すると?

腸内環境が悪くなり、便秘になったり下痢を引き起こします。

大腸がんやアレルギーをまねきやすい体質になります。

 

食物繊維を摂りすぎると?

手作りごはんでは、基本的に摂りすぎることはありません。

しかし過剰に摂りすぎると、うんちがかたくなり便秘になることがあります。

MEMO
食物繊維が豊富なごはんを食べている犬のうんちは、一つ一つが小さく、黒くてコロッとしています。

 

食物繊維を多く含む食べ物

こんにゃく、きくらげ、寒天、おから、のり、海藻類など。

きのこ類や果実の皮などにも含まれています。

私は、モナさんのごはんを作るとき必ず海藻やきのこ類を使うようにしています。

 

参考文献

中屋豊著(2017)『図解入門 よくわかる 栄養学の基本としくみ』秀和システム社

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる