愛犬が玉ねぎを食べた時の実際の様子と対処法

犬が玉ねぎを食べた時の実際の様子と対処法

間違えてモナさんが玉ねぎを食べてしまった時のお話です。

その時のごはんに入っていた玉ねぎの量や、様子をまとめました。

モナさん

玉ねぎの味は、あまりわからなかったモナ。

玉ねぎを食べるまでの経緯

私が家にいないときに、父がモナさんのごはんを作ってくれました。

家にある、野菜やお肉、海藻やきのこ類をいれて炊飯器で炊くという通称パパ飯。

その具材と一緒に半玉の玉ねぎをいれて炊いてしまいました。

モナさん

完食したモナ。

その日と次の日、モナさんの様子を見ていましたが、とくに異常はありませんでした。

うんちもいつも通りで、食欲もあり、元気もあったので病院には行きませんでした。

玉ねぎは犬に与えてはいけない食べ物の1つですが、症状がでる量は個体でバラバラです。

詳しくは、下の記事をお読みください。

犬が食べてはいけない食べ物まとめ犬が食べてはいけない食べ物まとめ

対処法

愛犬が盗み食いなどで玉ねぎを食べている時は、慌てずにそーっと近づいてとるか、物々交換が有効です。

間違えてごはんに入れて、愛犬に食べさせてしまった場合はうんちと食欲、元気の有無をチェックしましょう。

血便や粘膜便、嘔吐、食欲がない、元気がない等の場合は、病院に連れて行きましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA