犬にいい油はオメガ3!オメガ3が多い油の種類と選び方

犬の健康にいい油ってなに?

オメガ3の入った油を買いたいんだけど、どの種類がおすすめ?

どうせなら質の良い油を買いたい。油の選び方を教えて欲しい。

という疑問にお答えします。

犬の健康にいい油の選び方

この記事を読むと、犬の健康に良い油や、オメガ3が入った油の種類と、油の選び方がわかります。

さらに、人間用と犬用、どちらの油を選んだらいいのかがわかります。

私は、犬の栄養管理士や上級食育アドバイザーといった、栄養に関する資格を持っています。

食や栄養に関することはくわしいです。

愛犬のアレルギーを改善したくて、オメガ3オイルを探しているけど、どれがいいかわからない。

油選びに失敗したくないから、実際に油を買うときに気をつけるポイントがしりたい。

という方は、役に立つ内容になっていますので、ぜひみてみてください。

目次

犬の健康にいい油は3つ

犬の健康に役立つ油は、オメガ3脂肪酸を含む、えごま油、あまに油、サチャインチオイルの3つです。

これらの油は、犬が体で作り出せない必須脂肪酸(オメガ3)を含むため、毎日摂るべき油です。

また、オメガ3はお魚特有の油なので、お魚をひんぱんに食べてない犬は、常にオメガ3不足となっています。

オメガ3が不足すると、心臓病のリスクがあがり、アレルギーの誘発、血栓、イライラしやすくなり、老化、がんや生活習慣病などを引き起こしやすくなります。

オメガ3の効果

視力や脳、血管や心臓を健康にするはたらきがあります。

また、お肉に多いオメガ6などの油と比べてアレルギーの原因を作りにくく、皮膚の炎症を抑えるはたらきがあるので、アレルギー予防・対策にも役立ちます。

オメガ3を積極的に摂りたい犬

  • 老犬
  • 成犬
  • アレルギーを持つ犬

お肉をたくさん食べる犬は、オメガ6や9が多くなります。

油はバランスが大切なので、オメガ6や9が増えると、必要なオメガ3の量も増えます。

そのため、お肉をたくさん食べる犬は、オメガ3が足りていない場合が多いです。

3つの油の違いはオメガ3の多さと栄養素

えごま油、あまに油、サチャインチオイルの違いを一緒にみていきましょう。

グラフのきみどり色の、α-リノレン酸というがオメガ3の量です。

1.オメガ3が最も豊富なしそ(えごま)油

しそ(えごま)油の成分グラフ

しそ(えごま)油のグラフ

引用:井上浩義(2016)「知識ゼロからの健康オイル」幻冬社.

しその仲間のえごまからとれる油で、3つの油の中で最もオメガ3が豊富です。

しそ特有のがんや生活習慣病を遠ざける成分が豊富なのも、えごま油の特徴です。

しそ油とえごま油はどちらも同じ油なので、どちらを買っても大丈夫です。

熱に弱いので荒熱をとったごはんにかけましょう。

保存は、冷蔵庫へ。

2.すこし魚臭いあまに油

亜麻仁油のオメガ3脂肪酸のグラフ

あまに油のグラフ

引用:井上浩義(2016)「知識ゼロからの健康オイル」幻冬社.

2番目にオメガ3脂肪酸が多いのが、あまに油です。

あまに油は少しだけお魚のようなにおいがするため、お魚が苦手な犬は嫌がる可能性があります。

あまに油は熱に弱いので、ごはんが冷めてからかけましょう。

保存は冷蔵庫へ。

3.加熱に向いているサチャインチオイル

サチャインチオイルの脂肪酸含有量グラフ

サチャインチオイルのグラフ

引用:井上浩義(2016)「知識ゼロからの健康オイル」幻冬社.

3種類の中でもっとも加熱に強いのが、サチャインチオイルです。

インカインチオイル、グリーンナッツオイルと呼ばれることもあります。

えごま油とあまに油よりも、2倍近くビタミンEが豊富なため、がんや病気をはねのける力が強いのも特徴です。

抗老化作用のあるビタミンEとオメガ3を一緒にとることで病気を予防する力・たたかう力が強くなります。

そのため、老犬には、サチャインチオイルがおすすめです。

保存は冷蔵庫へ。

いい油の選び方のコツは3つ

質のいい油の選び方のコツは、3つあります。

  • 黒いビンにはいっているか
  • 圧搾法か
  • 原料についての説明があるか

光をさえぎる瓶に入っているか

オメガ3は熱、空気、光によってすぐに酸化してしまいます。

そのため、黒か茶色い瓶を選ぶことで、光による酸化を防げます。

酸化防止されている密封ボトルはダメなの?

光による酸化が防止できていない可能性があるので、あまりおすすめできません。

油の酸化防止に最も適しているのは、遮光瓶です。

圧搾法(あっさくほう)か

油を抽出する方法は、圧搾法と溶剤抽出法があります。

圧搾法は昔ながらの製法で、タネをギュギュっと絞り出して油を絞り取る方法です。

ごますりでごまをすって、油をだすようなイメージです。

一方、溶剤抽出法は、ノルマルヘキ酸などの溶剤を使って、タネから油を抜き出します。

ノルマルヘキ酸は揮発性なので、製造過程で残留することはありませんが、安心なのは薬品を使っていない圧搾法です。

パッケージか商品名に圧搾法と書かれているものを選ぶと、質のよい油を安全に選ぶことができます。

原料についての説明があるか

油につかう原料にどんなに農薬を使っていても、油として売るときに成分表示に書く義務はありません。

そのため、どんな原料を使ったかなどの説明書きがある油がおすすめです。

なるべく遺伝子組み換えされていないもので、農薬をあまり使っていない油がおすすめです。

人間用と犬用のオメガ3オイルはどっちがいいの?

どちらでも大丈夫です。

オメガ3脂肪酸というのは、栄養素なので、人間用も犬用も変わりはありません。

犬用のオメガ3オイルは、同じ内容でも人間用よりも高いものが多いので、私は市販で売っている人間用のえごま油をあげています。

私が安全だと思うおすすめオメガ3オイル

さきほど説明した油の選び方で選んだ、オメガ3を含む油をご紹介します。

  • 低温圧搾法(溶剤未使用)
  • 契約農家による有機栽培
  • 栄養素が保たれている(未精製)
  • 非遺伝子組み換え
  • 遮光瓶なので酸化しにくい

えごま発祥の中国で育ち、アメリカ、EU、日本の3カ国でオーガニックの認証を得た黒えごまを使っています。

中国産の油ってなんだか不安だけど、大丈夫なの?

油の場合、生産国よりも作っている工程や原料をチェックしましょう。

油の質は、保存容器、原料、製造工程で決まります。

どんな原料を使っているか、酸化に対しての対策はされているかなどを基準に選びましょう。

また、えごまは中国発祥なので、中国産のものが多いです。

中国産で安全な油もあれば、日本産で品質のよくない油もあるので、油の選び方には気をつけましょう。

  • 圧搾法
  • 契約農場による有機栽
  • 非遺伝子組み換え
  • 栄養素が保たれている
  • 遮光瓶なので酸化しにくい

ニュージーランド産のあまに油です。

  • 低温圧搾法
  • 原産地近くで有機栽培
  • 栄養素が保たれている(未精製)
  • 遺伝子組み換えされていない
  • 加熱調理OK

サチャインチオイルの原料がさかんなペルーで収穫されているため、新鮮で品質がいいオイルです。

100%圧搾法で絞り取られたサチャインチオイルなので、安心して愛犬に食べさせることができます。

犬とオメガ3オイルのQ&A

1日どのくらいの量あげたらいいの?

体重1kgにつき1gからはじめましょう。

お肉をたくさん食べる犬は、オメガ3オイルの必要量が増えます。

お肉が主食のドッグフードや、お肉の割合が多い手作りごはんを食べている犬は、体重1kgにつき2gあげましょう。

どのくらいの頻度であげたらいいの?

毎日、1日1回あげましょう。

油を毎日あげてもいいの?と思うかもしれませんが、油は毎日必要な栄養素で、オメガ3は摂りづらいので、不足している場合が多いです。

そのため、毎日1日1回、適量を食事にまぜてあげましょう。

オメガ3って皮膚病にいいってほんと?

アトピー性皮膚炎には効果的です。

オメガ3には、体の炎症をおさえるはたらきがありますが、すべての皮膚炎に効果的かはわかっていません。

犬のアトピー性皮膚炎に有効であることは、M Blaskovicらの実験でわかっています。

参考資料

アルコイリス公式サイト

井上浩義(2016)『知識ゼロからの健康オイル』幻冬社.

長白工坊 公式サイト

日本食品標準成分表2015年版(七訂)

見た目だけでは分からない、えごま油の品質 国民生活センター

紅花食品 公式サイト

M Blaskovicら(2014)『The effect of a spot-on formulation containing polyunsaturated fatty acids and essential oils on dogs with atopic dermatitis』Vet J.

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる