犬のトッピングでおすすめの食材27【レシピつき】

愛犬がドッグフードを食べてくれない。

トッピングをしたら食べるかな?どんな食材がいいんだろう?

手作りごはんは難しそうだけど、トッピングを手作りしてあげてみたい。

と思っている方のお悩みを解決します。

この記事を読むと、

  • 食いつきのいいトッピング
  • トッピングの量・頻度・あげかた
  • 上級編:トッピングごはんのレシピ
  • トッピングでのよくある質問

これらのことがわかります。

人間と同じ食べ物を犬にあげたらいけないのでは?と思うかもしれませんが、私たちと同じ食べ物をあげても大丈夫です。

私は手作りごはんをしていて、愛犬はずっと私と同じ食材を食べていますが、体調をくずしたことはありません。

また、ドッグフードも、にんじんや鶏胸肉などの人間の食べ物で作られているので、心配いりません。

今回は、犬にあげてもいい食べ物で、トッピングしやすい食材をご紹介します。

愛犬の食欲不振で困っている人、手作りごはんは難しそうだけど、トッピングは手作りしてあげたい。と思っている人は必見です。

目次

食いつきアップ!犬のトッピングでおすすめの食材27

犬の食いつきをアップさせ、トッピングしやすい食べ物一覧です。

  1. ひき肉(牛・豚・とり)
  2. 鶏卵
  3. チーズ
  4. 無糖ヨーグルト
  5. さば(缶詰もOK)
  6. まぐろ(ツナ缶)
  7. かつお節
  8. 煮干し
  9. 納豆
  10. 豆腐
  11. あずき
  12. かぼちゃ
  13. さつまいも
  14. ミックスベジタブル
  15. キャベツ
  16. トマト
  17. 白菜
  18. にんじん
  19. ブロッコリー
  20. 大根
  21. パプリカ
  22. ピーマン
  23. えごま油
  24. あまに油
  25. ごま油
  26. サチャインチオイル

私の経験上、これらの食べ物は食いつきがよく、クセがなく食べやすい食材です。

トッピングで知っておきたいこと

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: toppinngu-4-1-1.jpg

トッピングはドッグフードの1日の量の2〜3割を目安にしてください。

gではなく、目分量でみるようにしてください。

ドッグフードから栄養はとれるので、トッピングにそこまで深く考えずに、だいたいでOKです。

では、おすすめのトッピング食材をジャンル別に一つずつみていきましょう。

食いつきアップするトッピングのお肉・豆類

  • ひき肉(牛・豚・とり)
  • 鶏卵
  • チーズ(粉チーズは1kgにつき2gほど)
  • 無糖ヨーグルト
  • 納豆(タレなし)
  • 豆腐(木綿・絹どちらでもOK)
  • 小豆

:愛犬の体重1kgにつき10gまでが目安です。

頻度:3日に1回ほど。

効果:被毛がツヤツヤになり、免疫力アップ

あげかた

  • ゆでたまご、スクランブルエッグ
  • 生の黄身
  • ひき肉を炒めて
  • ひき肉を茹でて茹で汁ごと
  • ヨーグルトは生のまま
  • 納豆・豆腐は生でも炒めても茹でてもOK
  • 小豆は茹でたものを

お肉は焼いた方が嗜好性がアップし、茹でると消化によくなります。

いろいろな調理法を試してみて、愛犬の食いつきがいい食材を探していきましょう。

食いつきアップするトッピングのお魚

  • さば(味付けなしなら缶詰でもOK)
  • まぐろ(ツナ缶)
  • たら
  • かつお節
  • 煮干し

:お魚は愛犬の体重1kgにつき10g、乾物は体重1kgにつき0.3gまでが目安です。

頻度:2日に1回ほど。

お魚に含まれる栄養素は摂りづらいので、2日に1回の頻度であげて大丈夫です。

効果:肌をあたらしく丈夫にし、血液をサラサラに

あげかた

  • 焼くと嗜好性アップ
  • まぐろは生のままでもOK
  • 茹でて茹で汁ごとあげても◎

生で食べられるお魚は、生であたえても大丈夫です。

骨を飲み込むとキケンなので、愛犬にあげる前に骨抜きはしっかり行いましょう。

食いつきアップするトッピングの野菜

  • かぼちゃ
  • さつまいも
  • トマト
  • キャベツ
  • 白菜
  • にんじん
  • ミックスベジタブル
  • とうもろこし
  • ブロッコリー
  • 大根
  • パプリカ
  • ピーマン

:愛犬の体重1kgにつき20〜50gまでが目安です。

g通りにつくってみて、野菜多すぎる気がする。と思ったら減らして大丈夫です。

頻度:毎日あげてOKです。

野菜に含まれるビタミンは、毎日おしっことして外に出るので、摂りすぎることはほとんどありません。

逆に不足しやすいので、新鮮な野菜からしっかり栄養をとらせましょう。

効果:がんや白内障などの生活習慣病の予防

あげかた

  • 生で食べられる野菜は生のままで
  • 焼き・茹で・蒸しどちらでもOK
  • 食いつきが悪い場合は、油でさっと炒めても◎

生野菜は飼い主さんも便利なので、1番挑戦しやすいトッピングです。

野菜を炒めるときの油は、どの油を使っても大丈夫です。

食いつきアップするトッピングにオススメの油

  • ごま油
  • えごま油
  • あまに油
  • サチャインチオイル

:愛犬の体重1kgにつき小さじ一杯(3g)ほど。

頻度:ごま油は週に1回、えごま油、あまに油、サチャインチオイルは毎日でOKです。

えごま油やあまに油は、必須脂肪酸の一つで、愛犬がかなり不足しやすい栄養素が多く含まれているので、毎日与えても大丈夫です。

>>犬にいい油はオメガ3!オメガ3がおすすめの理由と油の選び方

効果:免疫力アップ、体をあたためる

あげかた

  • ドッグフードにそのままかける

油をパパっとドッグフードにかけるだけで、かなり食いつきアップします。

犬に油をあげてもいいの?と思うかもしれませんが、量と頻度に気をつければ油をあげても大丈夫です。

肥満にならない量なので、安心して与えてください。

上級編:食欲不振の犬におすすめのトッピングごはん

これまでご紹介した食材を混ぜた、トッピングごはんのつくりかたをお話ししていきます。

シンプルで作りやすい野菜炒め

1.7kgの愛犬用

  • ひき肉 15g
  • 白菜 20g
  • ピーマン 10g
  • にんじん 5g

野菜をみじん切りにして、さっと炒めたらできあがりです。

ひき肉から脂がでるので、油はいれないで大丈夫です。

ネバネバやわやわトッピング

1.7kgの愛犬用

  • 納豆 10g
  • 豆腐 5g

納豆と豆腐を軽く混ぜるだけで完成です。

もし食べないようであれば、2〜3滴、しょうゆをたらしてあげてください。

>>犬におすすめな調味料

夏におすすめ!生野菜でさっぱりトッピング

1.7kgの愛犬用

  • ピーマン 5g
  • 白菜の芯 10g
  • 大根 5g
  • トマト 10g
  • えごま油 5g 

すべて小さめに切って、ドッグフードの上にのせたら新鮮野菜のトッピングができあがりです。

どれも生で食べられるので、火を通さずにあげても大丈夫です。

生野菜は熱に弱い栄養素もしっかりとれるので、積極的にあげたいトッピングです。

缶詰めで5秒トッピング

1.7kgの愛犬用

  • ツナ缶またはサバ缶 15g

缶詰めをあけて、ドッグフードの上においたらできあがりです。

ツナ缶やサバ缶の油には、お魚の栄養素が豊富なので、こぼさずに魚と一緒にあげましょう。

食いつきアップ間違いなし!濃厚トッピング

1.7kgの愛犬用

  • 粉チーズ 3g
  • ヨーグルト 5g

無糖ヨーグルトをドッグフードの上にかけて、仕上げに粉チーズをかけたら完成です。

どちらも嗜好性が良いので、食いつきアップ効果はかなり高いです。

カッテージチーズや、ヤギチーズなどの他のチーズでも大丈夫です。

冷凍野菜で栄養たっぷりスープ

1.7kgの愛犬用

  • とうもろこし 15g
  • ブロッコリー 15g
  • ミックスベジタブル 5g
  • お水 30ml

お家にある冷凍野菜をお水と10分ほど煮たら、栄養たっぷりスープのできあがりです。

とうもろこしやミックスベジタブルの甘みの強い野菜は、犬が好みであることが多いので、食いつきアップが狙えます。

ほっこりあまあま!甘党おすすめトッピング

1.7kgの愛犬用

  • さつまいも 10g
  • かぼちゃ 10g
  • ゆでた小豆 10g
  • お水 40ml

さつまいもとかぼちゃを細かく切って、材料をすべてお鍋に入れて、弱火で15〜20分ほど火が通るまで煮ます。

出来上がったら、冷まして完成!

小豆がない場合は、さつまいもとかぼちゃだけでも大丈夫です。

トッピングをして栄養バランスは崩れないの?

崩れません。

理由は、2つあります。

1.毎日同じ食材を大量にあげるわけではないから。

2.ドッグフードを食べていないで栄養が不足するよりも、トッピングをしたごはんを食べる方が栄養バランスがとれるから。

チーズを毎日トッピングすると、栄養の摂りすぎになる可能性がありますが、野菜やお魚などいろいろな食材を取り入れることで、きちんと栄養素のバランスはとれます。

それでも心配な方は、野菜を中心にトッピングしましょう。

犬のトッピングでよくある質問

トッピングだけ食べるんだけどどうしたらいい?

トッピングとドッグフードを手で揉み込むように、しっかり混ぜてあげてください。

それでも食べなければ、トッピングにお水を足して、スープにしてから与えましょう。

一度作ったトッピングは冷凍してもいいの?

冷凍してもOKです。

週末に作って、冷凍しておくと便利です。

ウェットフードにトッピングするなら?

油が少ない食材を中心のトッピングがおすすめです。

お肉類:ひき肉ではなく牛肉、ささみや、むね肉、など

お魚類:まぐろ、ツナ缶、たらなど

野菜類:さきほどご紹介したものと同じです。

冷凍野菜って使っていいの?

大丈夫です。

冷凍品をうまく活用しましょう。

子犬のごはんのトッピングはいつからできる?

生まれてから4週目あたりからできます。

おすすめの食材は、牛ひき肉、にんじん、白菜、いも類、たらなどです。

子犬の時期にチーズはヨーグルトなどの嗜好性が高い食べ物を頻繁にあげると、野菜などを食べなくなるので、味の薄い食材から慣らしていきましょう。

まとめ:トッピングして食いつきをあげよう!

大切な愛犬がドッグフードを食べてくれないと困りますよね。

トッピングすることで食いつきが良くなり、新鮮な食材から栄養をとらせることができます。

今回お話ししたように、意外と愛犬に食べさせてもいい食べ物はたくさんあります。

いいことばかりなので、愛犬の食欲不振で困っているなら、ぜひトッピングしてみてはいかがでしょうか。

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる