【どうしてダメなの?】犬が食べてはいけない食べものの理由まとめ

犬が食べてはいけない食べ物は、わかったけど、どうしてダメなんだろう?

理由が知りたい。

という方のお悩みを解決します。

この記事を読むと、

どうしてこの食べ物は犬に与えてはいけないのか?

を知ることができます。

ある程度、犬に食べさせてはいけない食べ物を知っていて、もっと深く知りたい。という人向けです。

犬の管理栄養士である私が、わかりやすく解説していきます。

目次

犬に食べさせてはいけない食べ物一覧と理由

  1. ネギ類
  2. アルコール
  3. 鳥の骨
  4. キシリトール・香辛料
  5. チョコレート
  6. トマトのヘタやじゃがいもの芽

犬に食べさせてはいけない理由をカンタンに解説していきます。

くわしい解説を読みたい方は、記事をクリックすると、さらに詳細な説明が読めます。

1.ネギ類

かんたんに説明すると、玉ねぎの成分が犬の血液を壊すからです。

それにより、血尿などを引き起こす玉ねぎ中毒を引き起こすため犬に与えてはいけない食べ物とされています。

2.アルコール

犬にアルコールを与えると、中毒になるからです。

お酒でなくても、マウスウォッシュやアルコール消毒でも中毒になることもあります。

ただいま記事執筆中です。

3.加熱した鳥の骨

火を通した鳥の骨は、喉を傷つけるリスクがあるからです。

私の愛犬が鳥の骨を食べて、血のついた下痢っぽいうんちをしました。

4.キシリトール・香辛料

キシリトールを犬が食べると、血糖値が一気に下がります。

ごく少量でも、それにより低血糖を引き起こすために、犬にキシリトールはNGです。

5.チョコレート

カカオに含まれれる成分が犬の体内で、過剰に反応してしまうためです。

6.トマトのヘタやじゃがいもの芽

トマトやなすのヘタは、わたしたち動物にとって毒だからです。

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる