犬の正しい歯磨きの3つのポイント!おすすめの歯ブラシと選び方

犬の正しい歯磨きの3つのポイント

愛犬の歯磨きには3つのポイントがあります。

歯磨きを正しく行わないと、口内環境が悪くなってしまいます。

今回は、愛犬の歯科診療をしている獣医師からおそわった、正しい歯磨きのしかたをモナさんといっしょに解説します。

私がじっさいに使っている歯ブラシや、歯ブラシの選び方を載せていますのでよかった読んでみてください。

正しい歯磨きのしかた

犬の歯磨きで大切なポイントは、歯の内側も磨くことと歯周ポケットの中を意識することです。

3つめは、おやつを用意しながら楽しくおこなうことです。

モナさんの歯磨きといっしょに、歯磨きのポイントを解説します。

モナさん

ゴシゴシモナ

1.歯の内側も磨くこと

歯の内側を磨く犬

歯磨きでは表面だけではなく、歯の内側もみがくことが大切です。

内側や歯周ポケット内は汚れや菌がたまりやすいので、歯の表面よりもみがく必要があります。

 

愛犬の奥歯の磨き方

奥歯の内側を磨くときは、口を閉じた状態で、犬歯という牙のような歯の間から歯ブラシをいれてみがきます。

写真の黄色いやじるしの間から、歯ブラシをいれると磨きやすいです。

モナさん

くすぐったいモナ

 

2.歯周ポケットを意識する

前歯を磨いている犬

歯ブラシの毛先を、歯周ポケットにいれながら歯磨きしていきます。

 

イラストであらわすと、やじるしの方向に歯ブラシをいれていくイメージです。

歯周ポケットを磨いている

内側や歯周ポケットを磨くのは、慣れるまでは難しく感じます。

今日磨くのはこの歯の内側だけ!と、小さい目標をたてながら慣れさせていきましょう。

歯と歯茎の間は、菌がたまりやすいよ!

ごはんくん

 

3.おやつを用意して楽しく磨く

歯磨きをまつ犬

おやつをあげながら歯磨きすると、歯磨きに積極的になってくれます。

前歯(上)をみがいたら、おやつ、右側の奥歯(上)のつぎはおやつ。とゆっくり歯磨きをすすめていきます。

私は、ささみのおやつを小さくして少しづつあげながら磨いています。

モナさん

おやつがあると頑張るモナ!

歯ブラシの選び方

歯の内側を磨いたり、歯周ポケットの中の菌をかきだすためには、毛の量が多く細いタイプ(極細など)を選びましょう。

モナさんのような口や歯が小さい小型犬は、部分磨き用の歯ブラシがおすすめです。

おすすめの歯ブラシ

もともと自分用だったのですが、モナさんに使ってみると結構磨きやすかったので使い続けています。

 

犬用の歯ブラシよりも値段がお手頃なので、かなり気に入っています。

このような歯ブラシはヘッドが小さいため、歯ブラシが苦手な犬や、お口が小さい犬におすすめです。

歯は一本一本磨こうね!

ごはんくん

 

歯磨きにプラス!

犬の歯に詳しい獣医師によると、いろいろなデンタルグッズを使うと効果的だそうです。

デンタルケア用品をいくつか組み合わせることで、愛犬の口内環境がよくなり、歯周病の対策ができるということですね。

モナさんの歯石取りをしたときに、動物病院で売っていた歯磨きジェルを使っています。

ジェルの味が気に入って歯磨きが好きになる犬もいるそうですが、モナさんは好きでも嫌いでもない様子です。

モナさんが歯磨きに慣れるまでは、好物のヨーグルトを使って磨いていました。

MEMO

デンタルジェルを選ぶときには、清涼剤がはいっていないものを選びましょう。

まとめ

犬の正しい歯磨きには、大切なポイントは3つあります。

  • 歯の内側もみがくこと
  • 歯周ポケットを意識する
  • おやつを用意して楽しく磨く

歯磨きだけでなく、ガムやジェルなどのデンタルケアグッズを組み合わせて、口内環境をよくしましょう!

口内環境をよくして、病気を予防しよう!

ごはんくん

 

関連記事

▼モナさんの歯石取りの様子はこちらから。

愛犬のひどい歯石を除去!歯石取りの流れや費用、術後の様子など愛犬のひどい歯石を除去!歯石取りの流れや費用、術後の様子など

 

参考文献

とだ動物病院

ペット栄養管理士養成講習会(A教程) 当日用資料集

メニワン公式サイト

リデンタ公式サイト

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA