【ハラハラする…】犬がソファから飛び降りるリスクと対策

愛犬が高さのあるソファから飛び降りるんだけど、これって足とか腰に負担になってないのかな?

ハラハラするから飛び降りるのをやめさせたいんだけど、どうしたらいいの?

逆に、安全にソファからおりる方法とかってあるの?

というお悩みを解決します。

この記事を読むと、犬が段差のあるソファやベッドに飛び乗ったり降りたりすると、どのようなリスクがあるのかがわかります。

また、高い場所からの飛び降りの対策や、安全にソファにおりる方法もわかるので、愛犬の体に負担をかけない全ての方法がわかります。

犬の管理栄養士である私が、英国獣医師会や犬の骨折のカルテなどを参考にしながら、記事を書きました。

私の愛犬もソファが大好きなので、他人事ではないな。と思いながら執筆しました。

「フローリングが足の負担になるらしいけど、ジャンプしてソファに乗るのはどうなんだろう?」 

「ベッドからジャンプして着地するときに、ハラハラする。」

という方は、ぜひ読んでみてください。

目次

ハラハラする…犬がソファから飛び降りるリスク

犬が高い場所から飛び降りるリスクは2つあります。

  • 筋肉や骨などの負担が大きい
  • 骨折の危険性

犬が50㎝ほど(だいたい日本人向けのイスの高さ)の段差からジャンプすると、犬の筋肉や骨に負荷が大きくかかることがわかっています。

また、犬で3番目に多い骨折は、地面との距離が近い場所にジャンプした時の着地時や、落下したときなどに起こる、回避できる骨折です。

参考:
Cross-sectional geometrical properties of distal radius and ulna in large, medium and toy breed dogs
Peak forelimb ground reaction forces experienced by dogs jumping from a simulated car boot

つまり、ほとんどのソファやベッドから飛び降りると、犬の体に負担がかかり、骨折のリスクがある。ということです。

私の愛犬がよくのぼるソファやイスの高さの平均は約45㎝でした。

ヘルニアとの関係性は?

医療症例の90%以上で、ヘルニアは遺伝学によるものであり、ごくまれに外傷や圧迫の結果です。

引用:Hernia in Dogs – Symptoms, Causes, Diagnosis, Treatment …

ソファの乗り降りがヘルニアの原因となることは、ほとんどないそうです。

とくに段差に注意すべき犬の特徴

  • 体重5kg以下のパピー
  • 超小型犬〜小型犬

骨が未熟なパピーは、短い場所までのジャンプでも、骨が折れやすいです。

とくに体重5kgを満たしていない場合は、ジャンプによる骨折の確率が高いので、気をつけましょう。

参考:Proximal tibial metaphyseal fractures in immature dogs

チワワや、トイプードルなどの小型犬は、ソファやベッドから飛び降りて着地する際に、骨折するリスクが高いこともわかっています。

パピーや小型犬はとくに、高い場所からの飛び降りが少ない家づくりを心がける必要があります。

愛犬がソファから飛び降りないための対策

  • 飛び降りる原因を減らす
  • ソファにあがらないようにしつける【検証済み】
  • おりるときは必ずマテをして、抱っこしておろす

全部で3つあります。

それぞれをみていきましょう。

飛び降りる原因を減らす

高さが高いソファから低いソファに買い替えたり、ソファのある部屋に愛犬を連れてこないようにすると、愛犬が飛び降りることもなくなります。

ただ、あまり現実的ではありません。

ソファにあがらないようにしつける【検証済み】

このしつけ方法を家族みんなで徹底して行えば、確実にソファに上がらなくなります。

試しに私がこの方法を1ヶ月続けると、ソファにあがらないようになっていました。

モナさんのアイコン画像モナさん

あげてもな〜

STEP
ソファに登っていたらおろす

愛犬がソファに登っているのを見かけたら、すぐに下ろします。

STEP
ソファの下にお気に入りのベッドやクッションを置く

ソファの近くにベッドを持ってきて、ベッドをトントンして「ほら、ここだよ!」と声をかけます。

STEP
1〜2をくりかえす

クッションを置いて登ってきたとしても、大丈夫です。

すぐに愛犬を下ろして、ステップ1から3までくりかえします。

おりるときは必ずマテといい、飼い主さんがおろす

愛犬がソファから降りるときは、必ずなにかのタイミングがあるはずです。

玄関のチャイムがなったり、飼い主さんがソファから離れたり、愛犬がトイレしたそうにウロウロしたり。

そのタイミングでマテを教えて、抱っこしておろすと、愛犬の体に負担をかけずにおろすことができます。

愛犬が安全にソファやベッドからおりる方法

愛犬が安全にソファやベッドから降りる方法は、段差をなくす。これだけです。

私が実際に試してみた方法をご紹介します。

家にあるもので犬用の階段をつくる

安全度:

私は、布団やクッションを使って階段を作っていました。

布団は見た目がわるく、クッションはバランスが悪く安定しなかったため、やむなく撤退しました。

すのこを使って、カンタンなスロープを作りましたが、かなり幅を取ることと、時間がたつと勝手にバタン!となり、愛犬が怖がって登らなくなったので、すのこも片付けました。

モナさんのアイコン画像モナさん

すのこのバタン!って音が怖かったモナ

犬用の階段かスロープを買う

安全度:

ソファやベッドの高さに合わせた、犬用の階段かスロープを買うと、あっという間に解決しました。

階段を買う前にいろいろと試行錯誤しましたが、やはり既製品はとても安定性も安全性もバツグンです。

スロープと階段ってどっちがいいの?

愛犬の体の負担にならないのはスロープで、運動不足が解消できるのは階段です。

下半身がうまく動かせなくて、つねに歩き辛さを感じているわんこは、スロープがおすすめです。

参考:Kinematic analysis of the pelvic limbs of healthy dogs during stair and decline slope walking

私は、シニアになっても家で筋肉をほどよく動かして欲しいと思ったので、犬用の階段を買いました。

まとめ:デメリットだらけの段差をなくして、愛犬の体の負担とヒヤヒヤを減らそう

私もあなたと同じようにソファに飛び乗ったり、段差のある部屋からジャンプする姿をみてヒヤヒヤしていましたが、階段を買ってからは心のひっかかりがなくなりました

家にあるもので階段を作っていた時期もありましが、どれも耐久性にすぐれませんでした。

思い切って犬用の階段を買ってみましたが、快適そうにのりおりしている愛犬をみて、もっとはやくに買っておけばよかった。と思いました。

ソファをなくすまではできない。

しつけもうまく行く自信がない。

という方は、犬用階段おすすめです。

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる