初心者でも成功した犬の肛門腺のやり方!コツや頻度、臭いについて

初心者でも成功した!犬の肛門線しぼりのやり方とコツなど

わたしが、愛犬の肛門腺を絞れるようになったので、肛門腺絞りができない人の手引き書になれば、と思い、記事を書きました。

肛門腺しぼりには、うまく絞れるようになるコツがあります。

肛門腺のしくみを理解し、ちょうどよい力加減でしぼることで、スムーズに肛門腺がしぼれるようになります。

 

愛犬の肛門腺のしぼり方や、実際に絞ってみてわかったコツ、どんな臭いなのかを書いていきます。

トリミング代を節約したい方お風呂はお家でいれる派の方は、必見です。

モナさん

みんなで挑戦モナよ

愛犬の肛門腺のさがし方としぼり方

さっそく、肛門腺のしぼり方をみていきましょう。

愛犬の肛門腺をさがすところから順番に解説していきます。

愛犬が慣れていない場合は、ゆっくりステップを踏んで、愛犬に合わせて進めていきましょう。

1.愛犬の肛門腺をさがす

肛門腺の位置

愛犬の肛門腺が、どのあたりにあるのかを調べます。

モナさんの肛門腺は、時計でいうと5時と7時のあたりにあります。

MEMO
この時点でいやがる場合は、ふだんからお尻をさわる練習をして、ゆっくり慣れさせましょう。

 

小型犬の肛門腺は骨の内側にある!

肛門腺の説明図

チワワなどの小型犬は、骨の上の内側に少しかさなって肛門腺があります。

指を骨の内側にいれて探してみてください。

骨のちょうど上あたりに袋のようなものが左右にあれば、それが肛門腺です。

MEMO

肛門腺はふくろになっているので、分泌液がある程度たまっていないと、触っても確認できません。

モナさんが肛門腺を1ヶ月絞っていない時に、小さなボールのような感触があり、はじめて場所が特定できました。

 

2.肛門線のしくみを理解する

チワワの肛門腺の位置

肛門腺をうまくしぼるコツは、”肛門腺のしくみを理解すること“です。

 

私は肛門腺について理解せずに、すぐに実技からやろうとしていたので、いつまでたっても絞れませんでした。

勉強しないでいきなりテストを受けているようなものなので、うまくいくはずありませんよね。

肛門腺をしぼるためには、分泌液(肛門腺絞りでのターゲット)が、どこにあるのか知っておく必要があります。

 

分泌液は肛門腺の下にある!

肛門腺の解説図

イラストは、左側の肛門腺をピックアップしています。

分泌液は、肛門腺の下の方にたまっています。

この分泌液を下から上に、下から上にと押し出して、出口(肛門)へ流します。

肛門腺を押し出している様子

肛門腺はスポイトのようなものとイメージすると、わかりやすいです。

 

3.ウォーミングアップ

肛門腺をしぼりやすくするために、肛門まわりと肛門腺をほぐします。

肛門腺の下から肛門へ、マッサージするようにかるくもみます。

20秒ほどもみほぐしたら、いよいよ肛門腺を絞ります。

 

4.肛門腺をぎゅっとしぼる

肛門腺をしぼられている犬

尻尾があると、うまく肛門が見えずに絞りにくくなり、分泌液で汚れる可能性があるので、写真のように片手で持ち上げます。

一気に肛門腺をしぼる!というよりは、肛門腺を下からゆっくりつまむ感じです。

 

肛門腺を絞るときのつよさは?

ペットボトルのフタが少し潰れるくらいの力加減です。

肛門腺絞りの力加減

絞っているときにおしりがヒクヒクとしていたら、ベストの強さです。

これ以上力をいれすぎると肛門腺や肛門を痛めてしまうので、気をつけましょう。

 

肛門腺の中に溜まっている分泌液をイメージしながら、2のイラストのように肛門まで押し出します。

これを、4回ほど繰り返します。

MEMO

肛門腺をしぼる飼い主に迷いや不安があると、愛犬に伝わって、愛犬も不安になってしまいます。

恐怖心や不安はすてて、自信をもって挑みましょう。

 

きちんと絞れると、茶色い分泌液がでてきます。

肛門腺絞りの分泌液

愛犬のモナさんは、つい最近しぼったので、分泌液が少なめでした。

分泌液が溜まっていると、30センチほど飛ぶので、ティッシュを肛門にかぶせて絞りましょう。

 

分泌液のにおいは?

分泌液のにおい

モナさんの分泌液は、焼いたイカのようなにおいがします。

分泌液が洋服についたら、洗ってもとれないほどの臭いがする犬もいるようです。

分泌液のにおいは、愛犬によって異なります。

ちなみに、ドッグフードから手作りごはんにしてから分泌液の臭いが軽減した気がします。

モナさん

個性が光るモナ

関連記事

▶︎手作りごはん前と後で変化した6つのこと

 

 

肛門腺をしぼる頻度は?

1ヶ月に1回を目安にしぼりましょう。

 

分泌液がたまっているサイン

お尻を引きずりながら歩く犬

お尻を引きずりながら歩いているときです。

オスワリをしたまま、お尻をこすりつけるようにします。

愛犬がトリミングに行っていないのに、お尻を地面につけて歩いていると、分泌液が溜まっている可能性があります。

MEMO

お尻周りを短く切りすぎたときにも、同じような仕草をみせます。

モナさん

なんか違和感モナよ

3回目で肛門腺しぼりに成功!

肛門腺あとの犬

わたしは、3ヶ月目のチャレンジで、ようやく肛門腺しぼりがスムーズにできるようになりました。

同じ日に何回も肛門腺を刺激すると、愛犬がお尻を触られることが不快になり、協力的でなくなる上に、デリケートな肛門にも負担がかかってしまいます。

なので、私は1ヶ月に1回お風呂のたびに挑戦していました。

 

飼い主さんは肛門腺しぼりに慣れていなくても初めてでも、自信をもつことです。

肛門腺しぼってみてできなかったらまた次に。

うまく絞れなかったらトリミング連れて行こう。

くらいの気持ちでいると愛犬も協力してくれます。

 

私が愛犬の肛門腺絞りをマスターしてから、トリミング代が大幅に節約できました。

つぎは、愛犬のヘアカットを習得しようと奮闘中です。

ぜひ、みなさんもチャレンジしてみてください。

モナさん

今月もよろしくモナ〜

 

関連記事

▶︎正しいハミガキの仕方とオススメの歯ブラシ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA