飼い主歴5年の私が教える!愛犬のためのクレートの選び方

愛犬のクレートの選び方が知りたい。

 

クレートって種類がありすぎてどれがいいのかわからない。

 

便利なクレート周辺のグッズがあれば知りたい。

という疑問にお答えします。

 

現在、愛犬を家族に迎え入れてから5年目になります。

愛犬の成長とともに、クレート用品を7種類ほど使ってきました。

いろいろな種類のクレートを使ってきた私が、愛犬のためのクレート選びを解説します。

 

この記事を読むと、愛犬のためのクレートの選び方や、愛犬がクレートで快適に過ごせるグッズを知ることができます。

最近、子犬を迎え入れたばかりで犬用品に詳しくない人や、犬を飼いたいと思っている人、クレートをはじめて買う人は必見です。

目次

愛犬のためのクレートの選び方

犬のクレートの選び方

犬のためのクレート選びは、3つの手順にそって選んでいきます。

  1. クレートの種類と使い方を知る
  2. 使い方に合わせたクレートを選ぶ
  3. サイズ選びの基本は体重

1.クレートの種類と使い方を知る

ハードクレーとソフトクレートの違い

まずは、クレートが2種類あることを確認しておきましょう。

 

ハードクレートは、かごのような形をしていて、とにかく丈夫です。

ソフトクレートは、カバンのような形で、布製なので愛犬の体に馴染みやすいです。

 

 

クレートの使い方

クレートの使い方

愛犬の寝床として使ったり、旅行やドライブなどの移動時、災害時の愛犬の拠点としても使えます。

 

 

クレートってお留守番に使えないの?

愛犬が嫌がっているならNGで、心地よさそうにしているならクレートだけでもOKです。

私の愛犬はお留守番の時にクレートに入って〜と声をかけても、大半は嫌がって入りません。

なので、一つの部屋にクレートとトイレとお水をおいてから、お留守番させます。

 

愛犬がクレートで心地よさそうにしていて、毎日、長時間のお留守番でなければ、クレートだけでお留守番をさせてもいいと思います。

ただ、犬の育て方は飼い主さんの数だけあるので、正解も不正解もありません。

飼い主さんが愛犬のことを考えた時に、一番納得する方法を選びましょう。

 

2.使い方に合わせてクレートを選ぶ

飼い主さんがいつどんな時にクレートを使いたいかで、選ぶべきクレートが決まります。

使い方別で選ぶときクレートのポイントをまとめました。

 

遠出の移動に向いているクレートの特徴

移動に向いているクレートの特徴

  • ハードクレート
  • 上部に取っ手がついている
  • シートベルトが固定できる
  • 給水器が取り付けられる
  • 天井がひらく
  • 折りたたみできる
  • 大型犬・超大型犬はキャスター付きが便利

愛犬とのドライブや旅行、飛行機での移動を考えている方は、持ち運びが便利で安全性も高く、いつでも水分補給ができることを、意識しながらクレートを選びましょう。

 

 

近場のお出かけに向いているクレートの特徴

身近なお出かけにはソフトクレート

  • ソフトクレート
  • ポケットがたくさんついていると便利

動物病院や予防接種、子犬のお迎え、トリミングなどで使うときは、軽いソフトクレートが使いやすいです。

MEMO

移動式のクレートは、キャリーバッグ、キャリークレートという名称の場合が多いです。

 

 

寝床用に向いているクレートの特徴

犬の寝床に向いているクレートの特徴

  • ハード、ソフトどちらでもOK
  • 給水器が取り付けられるとなおよい

基本的に、どんなクレートを選んでも寝床用として使えます。

私は移動用として買ったクレートを、寝床用に使っています。

 

 

どのくらいの時間クレートで寝かしているの?トイレは?

私の愛犬の場合、だいたい23時就寝7時起床というリズムで、約8時間クレートで眠らせています。

昼は室内フリーなので、眠る時はクレートに鍵をかけます。

トイレは、鍵をかける前にトイレトイレ〜と声をかけて、トイレを促しています。

 

8時間もクレートにいれるって、なんだかかわいそう、、と思う方もいるかもしれませんが、愛犬の様子を見ていると、つらそうには見えません。

 

ただ、愛犬に強制はしたくないので、自らクレートに入ったときだけ、クレートで寝かせています。

愛犬が自らクレートに入らない時は、私の布団で一緒に寝ています。

 

 

お留守番に向いているクレートの特徴

  • ハードクレート
  • 給水器が取り付けられる
  • 正面の扉がはずれる

お留守番で使うクレートは、飼い主さん代わりに愛犬の身を守ってくれるハードクレートがおすすめです。

サークルやケージと組み合わせるときに、正面の扉がはずれるものを選ぶと、組み合わせやすくなります。

 

 

災害時に向いているクレートの特徴

災害用に選びたいクレートの特徴

  • ソフトクレート
  • 持ち運び可能
  • 広めのスペースが確保できる
  • ポケットがたくさんあると便利
  • 給水器が取り付けられる

避難所でのマナーを守りながら、愛犬がストレスなく過ごせるのは、トイレ、水飲み、食事までできる災害用のクレートです。

災害用のソフトクレートで一番おすすめなのは、GRAMPです。

なぜなら、災害時に必要となる機能を全て持っているからです。

他の商品と比べると、給水器が取り付けられる、広め、リュックにもなるこの3つが特徴的です。

【公式】災害用ペットキャリー GRAMP

 

3.サイズ選びの基本は体重

愛犬のクレート選びの基準

  • 超小型犬〜小型犬は体重プラス5kg
  • 中型犬〜超大型犬は体重プラス5kg+体格

超小型犬や小型犬は、愛犬の体重プラス5kgした重さを基準に選びましょう。

そのくらいの重さを基準に選ぶと、せますぎて入らない!ということになりにくいからです。

 

 

私の愛犬のチワワは成犬で1.7kgの超小型犬ですが、〜5kgまでのクレートを買いました。

キャンピングキャリー ダブルドアに入っている犬

愛犬がじゅうぶんに寝返りできる広さなので、私も愛犬も気に入っています。

 

 

中型犬から超大型犬は体格ががっしりとしているので、体重だけで選ぶと失敗しやすいです。

中型犬や大型犬は体重と合わせて体格でクレートを選ぼう!

愛犬を立たせて地面から頭まではかった高さにプラス5㎝お尻から頭までの長さにプラス10㎝くらいが、クレート内でオスワリもできて、ある程度自由に動けるので、ちょうどいいサイズです。

 

中型犬や超大型犬は、体格の値と体重でクレートを選びましょう。

 

 

子犬のクレートのサイズって、いまの体重で選んだらいいの?それとも大きめのを買うべき?

1歳前であれば、1歳のとき(成犬期)の予想体重プラス5kgを基準にして選びましょう。

1歳をこえている場合は、の体重プラス5kgで選んで大丈夫です。

MEMO

子犬のころからいろいろな場所に連れて行きたい!と思っている方は、子犬の今の体重に合わせて選んだ方が持ち運びしやすく、移動しやすいです。

犬種ごとの成犬期の体重は、みんなの犬図鑑でみることができます。

 

 

犬は成長がはやいので、子犬の時の体重で選んだクレートはすぐに使えなくなってしまいます。

また、子犬のときから同じクレートを使っていると、慣れるのもはやく、愛犬も居心地がいいと感じてくれます。

私の愛犬はいまでも、子犬の時に使っていたソフトクレートが大好きです。

なので、子犬のころは成犬期の体重を目安に選びましょう。

クレートの選び方と一緒にチェックしておくべきこと

クレートを実際に使っていると、これってみんなどうしてるの?という疑問がでてきます。

 

たとえば、夏のクレートの暑さ対策や、お留守番のときのクレートの使い方などです。

愛犬がクレート内が過ごしやすくするための対策や、お留守番のときの必須グッズをご紹介します。

 

愛犬がクレートで快適に過ごすために飼い主がやるべきこと

愛犬がクレートで快適に過ごすために飼い主がやるべきこと

  1. 愛犬のお気に入りグッズをクレートにいれる
  2. 夏は暑さ対策、冬は寒さ対策を
  3. 眠る時は暗い、静かが理想的

 

1.愛犬が気に入っているものをいれる

愛犬が過ごしやすいように、お気に入りのぬいぐるみや毛布、クッションなどをいれてあげましょう。

子犬を迎え入れたばかりでお気に入りがわからない場合は、飼い主さんが着なくなったTシャツや、フワフワしている感触のブランケットなどをクレートにいれると安心できます。

 

クレートで眠る犬

私の愛犬は、パピーの頃から使っているベッドがお気に入りで、クレートにいれると自分で潜って寝ています。

鍵を閉める時はさすがに苦しそうなので、クッションだけにしています。

 

 

2.夏は暑さ対策、冬は寒さ対策を

猛暑的な暑さの日は、なるべくエアコンは付けっぱなしの状態がいいです。

そこまで暑くない日は、犬用のひんやりマットやジェルマット、アルミプレートだけでも、クレート内が涼しくなります。

 

夏のクレートの暑さ対策

私は、普段はエアコンをつけっぱなしにしています。

とくに寝苦しい夜だけアイスノンや保冷剤をクレートの近くに置いて、扇風機を弱にして冷気をさりげなく送っています。

 


 

冬に暖房をつけていても、地面に近いクレート内はとても寒くなります。

 

犬用のホットヒーターやカーペット、ブランケットをクレートの中にいれておくと、あたたかく過ごすことができます。

私は、犬用ヒーターの上にブランケットを敷いて、寝かせています。

 

3.ねむるときは暗い・しずかが理想的

飼い主さんが眠る時間帯には、愛犬がいる部屋も暗くして、静かな環境作りを心がけましょう。

愛犬も人間と同じで、明るくてうるさい部屋では、なかなか快眠できないからです。

 

いつもなら眠る時間だけど、今日はもう少し作業がしたい。という場合は、クレートの上に暗めの色のタオルやブランケットをかぶせて、愛犬に眠る時間だということを教えましょう。

 

 

毎日のクレートでのお留守番の必須グッズ

毎日の愛犬のクレートでの快適なお留守番には、ケージ、サークル、フェンスが必須です。

なぜなら、愛犬の行動範囲が広がり、トイレも自分のタイミングでできるからです。

 

飼い主さんも、愛犬のお留守番中のトレイの心配がなくなり、長時間もクレートにいれて、あの子窮屈じゃないかなぁと思う必要がなくなるため、余計な心配を減らすことができます。

 

ケージ?サークル?なにそれ?

犬のケージ、サークル、ペットフェンスの違い

3つは愛犬のおうちで、クレートは寝室とイメージするとわかりやすいです。 

ケージは作りが丈夫なものが多いので、力の強い大型犬に向いています。

 

サークルは機能性がよく、お家に馴染みやすいデザインが多く、超小型犬〜中型犬向きです。

 

ペットフェンスは、一枚一枚フェンスを組み合わせる変わったタイプで、超小型犬や小型犬向きです。

 

 

実際の組み合わせ例

配置のしかたはどれも共通して、トイレとクレートの間にスペースを開けて配置します。

なので、少し大きめのケージやサークルを買うことをおすすめします。

MEMO

じつは、このころクレートトレーニングができていないため、写真にクレートはうつっていません。

写真のベッドの位置にクレートがあると思ってみていただけると幸いです。

 

トイレとクレートの間にスペースをつくる3つのわけ

  • トイレを覚えるのがはやくなる
  • クレートから出たり入ったりできて体温の調節ができる
  • 愛犬の行動できるスペースが広がり、ストレス軽減できる

私の愛犬が小さなサークルから大きめのサークルに移動した時に、まずはじめに、トイレの失敗がなくなりました。

また、出して出して!となかなくなったので、やっぱり広い方が居心地いいんだろうなぁ、と感じました。

 

空いている真ん中のスペースは、気温対策グッズを置いて体温調節スペースとして使えるので、愛犬が自分で体温調節でき、心地よく過ごすことができます。

 

ちょっとしたスペースでトイレとクレートの間隔をとる方法

ケージやサークルのドアを開けっぱなしにして、扉を外したクレートを入り口にくっつける方法です。

この配置方法だと、小さめのケージやサークルでも、トイレとクレートを離しておくことができます。

ただ、ジャンプ力のある犬や力の強い犬、チャレンジ精神の多い犬は、クレートを飛び越える可能性があるので、様子をみながらお留守番につかってください。

クレート用品を7つ買ってわかった損しないコツ

高くても丈夫な物を買った方が損しない

  • 高くても長く使える物を買った方が損しない

私が1番長く使ったクレート用品は、約2万円のサークルで、これまでで処分したクレート用品を合わせた金額は、約3万円でした。

かわいいから、値段が安いから、という理由でたくさん買うよりも、値段は高いけど丈夫な商品を1つ買った方が長持ちしてくれるので、損が少ないことがわかりました。

 

 

私が選ぶ買ってよかったクレート用品

さいごに、私が実際に使ってみて、これならおすすめできるという商品をご紹介します。

よかったら、参考にしてみてください。

 

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる