愛犬にほうれん草をあげると結石になる?

ほうれん草は尿結石の原因になる?

結論からいうと、ほうれん草が尿結石の原因となることはありません。

しかし、ほうれん草にはシュウ酸カルシウムが多いので、各家庭の愛犬によっては制限した方が良い場合もあります。

ほうれん草は結石の原因にはならない

ほうれん草は、野菜の中でシュウ酸カルシウムを最も多く含みます。

尿結石症の1つに、シュウ酸カルシウム尿石という病気があります。

このシュウ酸カルシウム尿石の主な原因は、

  • 尿のph低下
  • 普段のエサの消化しにくさ
  • ビタミンDの摂りすぎ
  • グネシウムやカルシウムの摂りすぎ、または過剰制限など。

これらの条件が重なっている状態で、ほうれん草を大量に食べ続けると、さらにシュウ酸カルシウム尿石を引き起こしやすい環境を作ってしまいます。

そのため、ほうれん草のシュウ酸カルシウムだけで結石になることはありません。

ただし、すでにシュウ酸カルシウム尿石になっている子は、ほうれん草を制限する必要があるよ。

ごはんくん

 

参考文献

阿部又信著(2008)「動物看護学全書 第8巻 [改訂3版]動物看護のための小動物栄養学」監修 日本小動物獣医師会 動物看護士委員会 ファームプレス社.

全国動物保健看護系大学協会 カリキュラム検討委員会編(2014)「動物看護学教育標準カリキュラム基準 専門分野 動物栄養管理学」 監修左向敏紀 インターズー社.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA