犬にぶどうNGってデマ?超小型犬にぶどう一粒あげてしまった経験談

犬にぶどうはだめ?

私は、犬にNGといわれているぶどうを、1.7kgの超小型犬に、食べさせてしまったことがあります。

ネットでは、ぶどうは少しでも与えたらいけない!と書かれていたので怯えていましたが、何事もありませんでした。

この記事を読むと、

犬にぶどうNGはデマなのか?

実際に食べさせてしまった時の犬の様子はどうだったのか?

がわかります。

犬の管理栄養士である私がくわしく解説していきます。

目次

犬にぶどうNGはデマじゃないけどおおげさになっている

デマとまではいいませんが、かなり話が大きくなっていると思います。

詳しいメカニズムはわかっていませんが、犬がぶどうを大量に食べると腎臓に負担がかかることがわかっています。

そのため、犬にぶどうを大量に食べさせることはNGです。

犬にぶどうを食べさせた実験結果は、かなり悪い

私が獣医学書で見つけた、犬にぶどうを与えた実験をカンタンにまとめました。

いぬにぶどうやレーズンを与えた実験で、すべての犬が嘔吐し、食欲不振や下痢を引き起こし、外からの呼びかけに答え切れないほど衰弱していた。

カルリスムと凛の数値が異常であり、高カルシウム血症が過半数にの犬にみられたことから、ぶどうやレーズンは腎不全や腎臓障害などど関係がある

これだけ読むと、

ぶどうって怖い!少しでも犬が食べたら、命に関わるかも、、

と思うかもしれませんが、この実験には、実験対象となった犬の犬種や体重、ぶどうやレーズンの量が載っていません。

このような実験では、過剰症や摂りすぎた場合を調べるために、明らかに多い量を注射器やサプリメントなどで与えられることが多いです。

たとえば、生卵を小型犬に30個ほど。

そのため、ぶどうひとかけらや少量でも上記の症状がでる、とは言えず、常識範囲内であれば大丈夫なケースが多いです。

1.7kgのチワワがぶどうを一粒を食べたけど平気だった

私の愛犬は、ぶどう一粒と果汁を食べてしまいましたが、当日も翌日も元気でした。

特に症状や変化はなく、いつも通りでした。

まとめ:経験上、少量なら症状は出ない場合が多い

私の犬がブドウを食べても平気だったので、そこまでぶどうを敵にまわさなくても良いのでは?と思います。

また、獣医師が出している犬の手作りごはんの本には、ぶどうは与えないで!と書かれている本もあれば、NG食材に含まれていない場合も多いです。

つまり、犬にぶどうをあげてもいいよ。と言っている獣医師さんもいるということです。

私は、量に気をつければ、ぶどうを食べさせても良いと判断しています。

ただ、ぶどうを食べなくても生きてはいけるので、心配な方は、あげないでも良いと思います。

>>【これもいいの?】意外と犬が食べてもいい食べ物にもどる

参考文献

American Society for the Prevention of Cruelty to Animals (ASPCA)(2005)「Acute renal failure in dogs after the ingestion of grapes or raisins: a retrospective evaluation of 43 dogs (1992-2002).

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる