【世界1わかりやすい】愛犬の手作りごはんで必要な栄養学

コレでOK!手作りごはんで必要な犬の栄養学【世界1わかりやすいです】

栄養学って難しそうだけど、手作りごはんを作るから目は通しておきたいなぁ。

でも絶対難しい。

基礎だけを、本当にわかりやすく教えてくれる人いないかなー。

と、悩んでいるあなたのお悩みを解決します。

この記事を読むと、世界で一番わかりやすく、犬の栄養学の基本がわかります。

誰でもイメージがつく、お誕生日用ショートケーキをつかって解説していきます。

犬の管理栄養士の私が、中学生にもわかるように解説しているので、

なんとなく栄養学とか勉強に苦手意識がある。

漢字とかなるべくみたくない。

という人でもカンタンに”栄養学”のしくみがわかります。

愛犬の食べる食べ物を選ぶコックさんとして、栄養のキホンは、知っておいた方がいいです。

手作りごはんを作る人は、必ずみておきましょう。

目次

コレだけでOK!手作りごはんで必要な犬の栄養学

栄養学というだけで、「うっ」となる方がいるかもしれませんが、考え方がなんとなくイメージできたら、OKです。

  • たんぱく質
  • 脂質
  • 糖質
  • ビタミン
  • ミネラル

1つずつ、解説していきます。

土台となるたんぱく質

たんぱく質は、ケーキでいうところの「スポンジ」です。

ケーキのもととなるため、一番大切です。

スポンジの中の卵や牛乳などの材料もすべてたんぱく質です。

犬のからだも同じように、筋肉や、心臓などの内臓、細胞、目、皮膚などはたんぱく質からできています。

つまり、犬の土台(からだ)をつくるのは、たんぱく質。ということです。

たんぱく質は、お肉やお魚、豆に多いです。

ごはんのおかずになるもの。と覚えましょう。

>>たんぱく質をもっと詳しくみる

土台をつよくする脂質

脂質をケーキで例えると、「生クリーム」の役割です。

スポンジだけでは、みすぼらしく、スポンジ同士がくっつかずにうまくきれません。

脂質は、たんぱく質が作った細胞や皮膚を、生クリームのように包み、外敵から守り、つよくすることができます。

そのため、より病気につよい体づくりができます。

それだけでなく、愛犬は、脂質をつかって、歩く、息を吸う、ごはんをたべるなどの行動ができています。

脂質は、お肉の白い部分や油に多いです。

脂質はそのまま、油と覚えましょう。

>>脂質のはたらきをもっとくわしくみる

土台を理想的にする糖質

ケーキの「いちご」の部分にあてはまります。

ケーキを切ってみて、あれ、いちご少ない。とショックになる気持ち、犬の体でも起きています。

脳みそは、いちご(糖質)が大好物です。

糖質がすくないと、いちご好きの脳みそが、「このピースいちご少ない!いやだ!」とわがままをいい、脳みそがはたらかなくなります。

そのため、糖質が少ないと考える力や集中力、判断力の低下、イライラにつながります。

心身ともに健康な理想的な生活には糖質も欠かせません。

糖質は、白いごはんやパン、麺などに多いです。

おかずと一緒に食べたいもの。とおぼえましょう。

>>糖質のくわしいはたらきをみる

土台の質をあげるビタミン

ビタミンをケーキで例えると、「お誕生日おめでとう!プレート」です。

なくてもいいじゃん。と思うかもしれませんが、年に一回のお誕生日にプレートがないとはじまりません。

意外と忘れがちだけど、ないと困る。それがビタミンです。

ビタミンは、お誕生日おめでとう!プレートのように、単体ではあまり効果はありません。

たんぱく質、脂質、糖質がつくった土台があるからこそのビタミンで、土台の質をあげ、より健康的なからだにつくりあげます。

ビタミンは、野菜に多いです。

ビタミンは色がキレイ。で覚えましょう。

土台を仕上げるミネラル

ミネラルは、「お誕生日ケーキのろうそく」です。

お誕生日の一番盛りあがる部分を、ひっそりと彩ってくれます。

ミネラルはろうそくのように、最後に土台をしあげ、まとめてくれます。

ミネラルは、たんぱく質、脂質、糖質、ビタミンだけでは80点のところを、100点にする力があります。

それぞれの足りない部分に、自らが代役をつとめる、縁の下の力もちです。

ミネラルは、海藻や茶色いたべもの(玄米や大豆)に多いです。

暗い色の食べものはミネラル。と覚えましょう。

おさらい:犬に必要な5つの栄養素

たんぱく質でよい土台(体)をつくり、

脂質と糖質で土台の質(病気に負けないように免疫力をあげるなど)をあげる。

そこにビタミンとミネラルを足すと、

さらに土台の補強がしっかりでき、より健康的な体がつくれる。

ということです。

ここまでが、犬が生きていくために必要な5つの栄養素「5大栄養素」といいます。

ここまで読み進めた方は、犬の栄養学80点です。

ですが、

このケーキすこしさみしい。

そう思いませんでしたか?

犬の栄養学を100点にしたい方のみ、この先に進んでください。

これまで覚えたら完ペキ!:食物繊維と水

この2つに目を通したら、犬の栄養学への基本は、もう100点です。

  • 食物繊維

底上げをする食物繊維

食物繊維は、ケーキの「果物や葉」です。

いちごだけのケーキも素敵ですが、鮮やかなミントや、キレイなフルーツがのっているケーキの方を買いたくなりませんか?

犬のからだも同じで、5つの栄養でも足りるけど、どうせなら食物繊維もほしい!と、ケーキを買うときの私たちと同じような気持ちです。

食物繊維は、愛犬のからだのなかを掃除してくれます。

定期的に掃除することで、体の内側からキレイになり、病原菌やウィルスをよせつけない体にできます。

食物繊維が多いのは、きのこ類です。

ほうきときのこって似てるな、と覚えると覚えやすいです。

>>食物繊維のくわしいはたらきをみる

いのちのみなもと水

反則かもしれませんが、水は、「お誕生日ケーキを食べる本人」にあてはまります。

お誕生日の人がいないと、お誕生日ケーキがあってもはじまりません。

水には、それほど大切な役割があります。

水は、生きる上でなにより大切です。

たかが水、されど水です。

心臓、腕、足、脳みそ、体のすべてが、血液や細胞液などから水のちからを借りて、いまも一生懸命動いています。

水が多いのは、水や食べ物全般です。

愛犬に水をのんでほしいから!と水を無理にのませないでも、手作りごはんであれば食べ物からじゅうぶんにとれているので、心配しないで大丈夫です。

まとめ:1番の栄養学は「いろいろな食べ物をまんべんなく」

いかがでしたでしょうか。

私なりにこまかく砕いて、わかりやすく説明しました。

さいごに、食物繊維と水を足したケーキをみてみましょう。

ケーキをみてわかるように、栄養素はひとつだけでは成り立ちません。

私は、いろいろな食べ物をまんべんなくあげる。これが一番の栄養学だと思います。

そこまで真剣になりすぎずに、そうか。全部必要なのか。じゃあいろんな食べ物をたくさんたべさせよう。

この考え方でOKです。

これで、手作りごはんに必要な栄養学はおしまいです。

お疲れ様です。

もっとくわしく知りたい方は、パワーアップ版の記事をお読みください。

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる