犬に良い油って?健康のためにオメガ3脂肪酸をプラスしよう!

オメガ3脂肪酸を犬の手作りごはんにプラスしよう!

犬におすすめの油は、オメガ3脂肪酸が含まれている油です。

数ある油の中で、どうしてオメガ3脂肪酸を含む油がオススメなのか、イラスト付きで解説します。

モナさん

油って美味しいだけじゃないの!?

オメガ3脂肪酸って?

オメガ3脂肪酸の分類分け

オメガ3脂肪酸は、野菜や特定の油に含まれているα-リノレン酸と、魚特有のEPA・DHAの2つをまとめた総称です。

イラストの左側のα-リノレン酸は、体内でEPA・DHAに変わります。

なので、魚を食べなくてもEPA・DHAを摂取することができます。

 

オメガ3脂肪酸はどのくらいとればいいの?

バランスが大切なので、摂りすぎや不足しすぎに気をつけましょう。

オメガ3脂肪酸は、他の油とのバランスが大切です。

私は小さじ一杯を目安に、ごはんにかけてあげています。

 

オメガ3脂肪酸は2つあるけど、どっちがおすすめ?

オススメは特にありません。どちらでも効果はほぼ一緒です。

α-リノレン酸を摂取しても、体内でEPA・DHAに変わり、EPA・DHAとして働きます。

なので、α-リノレン酸はEPA・DHAの変身前の姿だと思うとわかりやすいです。

お魚が苦手な子や、ごはんにお魚を使う機会が少ない家庭は、α-リノレン酸を多く含む油からEPA・DHAを摂りましょう!


α-リノレン酸

オメガ3脂肪酸の摂取源

野菜の葉の部分に含まれていますが、少量のため、野菜からだけでは摂取しにくいです。

特定の油にも含まれていて、体内でEPA・DHAに変換されます。

植物が光合成によって生成し、犬や人間は体内で合成できない脂肪酸(油の材料)です。

そのため、摂取しにくく最も不足しやすい必須脂肪酸です。

必須脂肪酸って?

人間が体内で合成できないから、必ず食べ物から摂取してね。と指定された脂肪酸のことです。

α-リノレン酸の摂取源は、野菜かα-リノレン酸を多く含む油の2つしかないよ。

ごはんくん


EPA・DHA

EPA・DHAの摂取源

お魚に多く含まれていて、魚油と呼ばれることもあります。

欧米化している今の日本人の食生活では、お魚を食べる機会が少ないため、人間も不足しがちです。

それと同じく、お肉をつかった手作りご飯を頻繁に食べている子も、不足しやすいです。

モナさん

魚が苦手な友達よくいるモナ〜

オメガ3脂肪酸の働き

オメガ3脂肪酸は、α-リノレン酸とEPA・DHAの2種類がありますが、働きはほぼ同じです。

  • 悪玉(LDL)コレステロールを減らす
  • 脳や網膜機能の向上
  • 活性酸素の除去
  • 過酸化脂質を作りにくい
  • アレルギー体質にもおすすめ

悪玉(LDL)コレステロールを減らす

オメガ3脂肪酸は、悪玉コレステロールや中性脂肪を減らす働きを持ちます。

そのため、血管や血液を健康な状態に保ち、動脈硬化や心臓病を防ぎます。

悪玉(LDL)コレステロール?

お肉やバターなどに含まれていて、コレステロールを体中に運ぶ役割を担っています。

増えすぎると血管を傷つけたり、動脈硬化の原因になることから、悪玉コレステロールという名を持ちます。


脳や網膜機能向上

摂取したオメガ3脂肪酸は、脳の脂肪酸組成に関わるため、学習能力や記憶力の向上を助けます。

DHAは網膜視細胞を作る材料となるため、視力にも関わります。

さらに、α-リノレン酸が不足すると、学習能力や記憶力の低下だけでなく、視力の低下が動物実験で明らかになっています。


活性酸素の除去

オメガ3脂肪酸は、ビタミンEとCと一緒に摂ると、活性酸素を除去してくれます。

それによって、心臓病やがん、老化など生活習慣病を予防します。

活性酸素を除去するためには、オメガ3脂肪酸だけでなく、十分なビタミンEとCが必要です。

カンタン解説
オメガ3脂肪酸が活性酸素をおびき寄せて、ビタミンEとCが活性酸素を捕まえてくれます。

過酸化脂質を作りにくい

脂質が酸化されたものを過酸化脂質といいます。

オメガ3脂肪酸は過酸化脂質を作りにくいため、がんや生活習慣病の予防にもなります。

ちなみに、過酸化脂質を最も作りやすいのは、お肉の脂身やバターなどの飽和脂肪酸と呼ばれる油です。

過酸化脂質って?

活性酸素のように遺伝子を傷つけ、がんや老化、生活習慣病などの要因になります。


アレルギーにおすすめ。

他の油と比べると、アレルギー発動スイッチを押すきっかけが少ないことから、アレルギー体質の子におすすめの油の1つです。

アレルギーと油の関係

植物油に多いリノール酸を摂りすぎると、体内でアレルギー発動スイッチを押してしまう成分を作ります。アレルギー改善法の1つとして"リノール酸を減らしてみる"という手もあります。


愛犬にオメガ3脂肪酸を摂らせるには?

オメガ3脂肪酸を摂らせる方法は、2つあります。

1つ目は、α-リノレン酸を含む油をごはんに取り入れる方法です。

オメガ3脂肪酸

この方法は、お肉を中心に手作りごはんを作っている方や、魚が苦手な子にオススメです。

α-リノレン酸を多く含む油は、えごま油やあまに油などがありますが、成分やα-リノレン酸量が違います。

それぞれの油のα-リノレン酸量や栄養素をまとめてみました。

α-リノレン酸を多く含む油を知る


2つ目は、魚からEPA・DHAを直接摂る方法です。

EPA・DHAの摂取源

お魚を好んで食べる子や、お魚中心の手作りご飯をしている方におすすめの方法です。

EPA・DHAは、お魚特有の脂肪酸で、お魚の脂身に多く含まれています。

特に、まぐろの脂身、さば、しろさけ、いわし、さんまなどに多いです。

おさらい

今回の記事のまとめです。

  • オメガ3脂肪酸は、2種類ある。
  • α-リノレン酸は、体内でEPA・DHAに変換。
  • α-リノレン酸のおすすめ摂取源は、えごま油やあまに油。
  • EPA・DHAのおすすめ摂取源は、お魚。
オメガ3脂肪酸を積極的にとって健康になろう!

ごはんくん

参考資料

「日本食品標準成分表2015年版(七訂)」

奥山治美その他(2008)「油の正しい選び方・摂り方」農山漁村文化協会社.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です