犬に牛乳を与えてはダメ?理由と症状

犬に牛乳はだめ?

結論からいうと、愛犬に牛乳は与えない方が良いです。

その理由と、与えてしまったときに愛犬に何が起きるかをまとめました。

牛乳は与えない方が良い

犬に牛乳を与えても、生命の危機にさらされることはありません。

ですが、犬は牛乳に含まれている乳糖を分解する酵素が少ないため、牛乳をのむとお腹をこわしてしまう子が多いです。

それを乳糖不耐症といいます。

ほとんどの犬が乳糖不耐症のため、愛犬には牛乳を与えない方が賢明です。

ただし、個体差があり、牛乳を飲んでも平気な子もいます。(モナさんもその一匹です。)

牛乳のかわりに、スキムミルクや豆乳を使うといいよ。

ごはんくん

理由

ほとんどの犬が乳糖不耐症のため。

症状

下痢、お腹がキュルキュルなるなど。

リスクがある量

犬種や個体によってバラバラです。

犬は牛乳が合わない子が結構いるので、無理してあげる必要はありません。

ヨーグルトにも乳糖が?

牛乳だけでなく、乳糖が入っているヨーグルトもあります。

(成分表示に乳糖と書いてあるものは、乳糖が使われています。)

犬にあげるときには、なるべく無糖のヨーグルトを選びましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA