【ザワザワ…】4dミートの真実|日本にも存在するのか調べてみた

【ザワザワ…】4dミートの真実|日本にも存在するのか調べてみた

この記事は、とてもショッキングな内容になっています。
気分を悪くする方もいると思います。
愛犬のために真実が知りたい!と思える方のみ、読み進めてください。

4dミートっていう、よくないお肉をつかってドッグフードを作ってるって聞いたけどほんと?

心がざわざわする。

いいドッグフードを探してるけど、ウソか本当かわかならい情報が多くて、ネットに疲れた。

と思っているあなたのお悩みを解決します。

結論からおはなしすると、日本の工場では、そこまでひどい状態のお肉はつかっていません。

ですが、私たちが食べられない部分でドッグフードを作っているというのは事実です。

この記事を読むと…

4Dミートやドッグフードの正しい情報を知れて、愛犬とあなたにとっていい判断ができるようになる!

私はそもそも、4dミート自体がウソだと思っていました。

特定のドッグフードを売りたい人が、すこしおおげさに伝えているんだろうな。と。

ですが、調べていくうちにAnn N. Martinさんという、1人の飼い主が調査して明らかになった事実であることを知り、とても気分が悪くなりました。

引用:David L. Meeker, Ph.D., MBA『Essential Rendering
Safe, High Quality Products』

ネットではアメリカなどの海外のことが書かれていて、日本のことにはふれられていません。

国産のドッグフードなら安心。と思っている方も多いと思います。

今回は、日本の工場で4Dミートを使っているのか?ドッグフードの材料にしているのか?アメリカの4dミートが日本産のドッグフードに入っているのか?などを調べました。

犬の管理栄養士である私が、ドッグフードを選ぶ時にチェックする部分についてもおはなしするので、ぜひさいごまでよんでみてください!

目次

4dミートの真実

具体的な4dミートの内容は、

  • スーパーで売れ残った消費期限切れの肉
  • 病気や交通事故で亡くなった動物
  • 動物園で亡くなった動物
  • 私たちの食品をつくるときに余った内蔵、頭皮や目、鼻、骨、血液や毛
  • 廃棄された油や生ゴミ
  • 安楽死した犬や猫

参考:アン・N・マーティン著『Food Pets Die for: Shocking Facts About Pet Food』

などです。

アメリカのレンダリング工場では、実際にドッグフードの材料として使われていました。

「ビックリしたけど、これって外国のことでしょ?」

そうです。

日本では、犬や猫は火葬されるので亡くなった犬たちのなきがらがドッグフードに使われることはありません。

また、日本産のドッグフードは日本のレンダリング工場で作ったミールを使うのが基本なので、アメリカ産の4dミートが含まれる可能性はほとんどないです。

私もすこしほっとしました。

ですが、日本にも100以上のレンダリング工場が存在しています。

「さっきからいっているレンダリング工場って…?」

20秒でレンダリング工場についておはなしします。

レンダリング工場は縁の下の力持ち

レンダリング工場とは、カンタンにお話しすると「リサイクルセンター」です。

家畜に感謝をこめて、さいごまで有効活用するという大切な役割があります。

引用:一般社団法人 日本畜産物協会 > 畜産副産物とは > 畜産物副産物の種類

牛の場合、人間が食べる部分は約66%で、食べられない残りの約34%はレンダリング工場へ行き、他の用途に有効活用されます。

肥料やラード、レントゲンのフィルム、マーガリン、薬のカプセル、石鹸、燃料などの材料になり、私たちの生活を陰ながら支えてくれています。

なので、レンダリング工場=悪ではありません。

私も調べるまでは勘違いしていました。

申し訳ないです。

ただ、日本のレンダリング工場でも、食品のあまりものをドッグフードの材料にしています。

日本は4Dミートとまではいかない

まず人間が食べる部分を取りのぞき、そのあとにレンダリング工場へ、という流れで、家畜が処理されます。

レンダリング工場にたどり着くお肉は、正直おいしそうとは思えない部位ばかりです。

もうすこしくわしく内容をみていくと、

農林水産省 資料2 ペットフード原料としての動物由来物質の取扱いについて
  • 内臓や背脂
  • 顔や皮
  • 脳、肺、骨、血液、脊髄、胎盤
  • 農家のもとで亡くなった牛や豚、にわとり

日本では、感染症の危険性が高い牛の脳やせきつい、目、などの部位は破棄されます。

これらの不可食部位と呼ばれる部分が、ドッグフードの材料になります。

モナさん

フカ、フカショクブイ?

すべての材料を混ぜて130度で熱し、

引用:レンダリング事業 レンダリング工場紹介|さしま食品加工協同組合|茨城県

できあがったものがこちらで、

引用:レンダリング事業 レンダリング工場紹介|さしま食品加工協同組合|茨城県

引用:レンダリング事業 レンダリング工場紹介|さしま食品加工協同組合|茨城県

左から骨油、フェザーミール(鶏の羽毛を粉にしたもの)、チキンミールです。

血液ミール肥料(40ポンド)|プラネットナチュラル

引用:血液ミール肥料(40ポンド)|プラネットナチュラル

こちらは血液を粉にしたもので、ドッグフードではブラッドミールと記載されています。

私は、お肉をすりつぶしてドッグフードを作っていると思っていたのですこし想像が違い、ビックリしました。

“犬のごはんってあまりものなの?”

“私は焼き魚で、愛犬は肉骨粉、、?鳥の羽?”

と、とてもイヤな気持ちになりました。

レンダリング工場やドッグフードを作っているメーカーが悪いのではありません。

「え、なにいってるの!100%作っている方が悪いよ。」

と思うかもしれませんが、

メーカーは売れる商品をつくりたいので、私たちが喜んで買ってくれるものを販売します。

つまり、

不可食部位で作られたドッグフードが売れている

飼い主たちはこのドッグフードに納得し、満足している

もっとつくろう!

となるので、あまりもので作られたドッグフードが売れている限り、このしくみは決して無くならないということです。

モナさん

みんなが食べてるのおいしそうモナ…

ミールの危険性:命に関わる危険性はない。でも…

質はあまりよくないものの、ミールが直接犬たちの命をうばうという危険性はありません。

ただ、海外から輸入したお肉は、ホルモン剤や抗生物質を多く含んでいるという危険性があります。(日本ではホルモン剤は禁止されており、抗生物質の数にも限りがあります)

社団法人 日本畜産副産物協会 財団法人 政策科学研究所 『レンダリング読本ーレンダリング産業の特徴ー』

レンダリング工場で輸入する外国産のお肉は約30%と少ないですが、ドッグフードの中にはかならず入っています。(画像左上)

私たちが知らない間に、愛犬に薬を食べさせているということです…。

モナさん

もぐもぐ…

ホルモン剤の危険性:なぞ

ホルモン剤とは家畜の成長をはやめたり、筋肉を大きくしたりする薬です。

いまのところ、ホルモン剤が投与された家畜を人間や犬が食べたことで悪い影響がでた。という事実はありません。

ですが、ドキュメンタリー映画のフード・インクでホルモン剤を打たれた鶏が、体の成長に追いつかずに足がボキッと折れてしまうシーンをみました。

その場で歩けなくなっている鶏たちをみて、体にいいわけないよ…と思いました。

抗生物質の危険性:高い

たくさんの抗生物質(皮膚科や耳鼻科、尿路結石などの炎症を抑えるお薬)を愛犬に与えると体が慣れてしまい、薬がききずらくなってしまいます。

それを薬剤耐性といい、感染症にかかりやすくなったり、治療がむずかしくなります。

国立研究開発法人 国立国際医療研究センター病院 AMR臨床リファレンスセンター(厚生労働省委託事業)によると、日本では年間で8,000人以上、世界では約70万人以上が薬剤耐性によって死亡しているそうです。

2020年、7月2日現在では、薬剤耐性のために亡くなってしまった犬の正確な数はわかっていません。

ですが、藤村正人獣医師の薬剤耐性治療レポートを見つけました。

犬の多剤耐性菌の問題とその対処方法 (特 に耳へのチャレンジ)後編

引用:藤村 正人 ふじむら動物病院 『犬の多剤耐性菌の問題とその対処方法 (特 に耳へのチャレンジ)後編』

薬剤耐性になってしまっているために、耳の感染症はもう打つ手がない。と書かれています。(画像左下)

藤村先生は、薬剤耐性をもっている犬のアトピー性皮膚炎やアレルギーの治療はかなり困難で、最悪の場合、亡くなってしまうケースもあるだろう。語っています。

獣医師さんですら打つ手なしって、かなり怖いですよね…。

ミールに含まれる抗生物質のせいで耐性がつく!というわけではありませんが、海外で育った家畜には、多くの抗生物質が含まれていて、ドッグフードに混ざっている。ということも覚えておきましょう。

ミールがはいっているドッグフードの見分けかた

みわけかたは、原材料をみることです。

ドッグフードの裏側か、

ネットなら公式サイトやそれぞれのショッピングモールの商品詳細をみて、

〇〇ミール、副産物などとかかれていなければ、心配はありません。

ミールだけでなく、エキスや動物性油脂もレンダリング工場由来です。

  • 〇〇ミール
  • 副産物
  • 肉骨粉
  • 肉粉
  • 〇〇エキス
  • 動物性油脂

ミール系を避けたいなら原材料をみて、これらが含まれていないかチェックしましょう。

ミール不使用!と書かれているフードは信用できるの?

私は、ミール不使用でも大手のドッグフードは信用していません。

成分表示をみると、心から犬好きな人がつくっているわけではないんだ、と感じてしまう内容だからです。

  • シュプレモ チキンミール
  • ヒルズ トリ肉エキス、動物性油脂
  • ロイヤルカナン 動物性油脂
  • ベッツプラン 豚タンパク、植物性繊維、超高消化性小麦タンパク

植物性繊維は麻などの洋服に使われ、豚タンパクや超高消化性小麦タンパクという言葉は聞いたことがなく、調べてみましたが結局、くわしい正体は不明でした。

私がみる限り、規模が小さい会社の方がちゃんとしたフードを作っています。

ドッグフードをえらぶときは、1番最初に成分表示をみるようにしましょう。

効果は飛ばして大丈夫!

イメージだけで買いたくなってしまうので、パッケージ、売り言葉(無添加、受賞歴など)、効果(腸内環境をキレイに!など)、クチコミはすべて飛ばして大丈夫です。

ドッグフードの成分表示をみるときのポイント

  • あなたがよく知っている食材か
  • よくわからないものが多く含まれていないか
  • 食材ごとの産地がわかるととても優秀

成分表示には、使われている材料がずらーーっと並んでいます。

3つのポイントをおさえながら見ると、愛犬にとっていいドッグフードなのか、そうでないのかがわかります。

あなたがよく知っている食材か

たとえば、加水分解タンパク質よりも、チキン。

チキンよりも、鶏もも肉。

鶏もも肉よりも、鶏もも肉(アメリカ産)です。

一番最後の、鶏もも肉(アメリカ産)を使っているドッグフードは、信用度が高い。ということになります。

成分表示にある食材が、スーパーで売っている食材に近いかどうかをチェックしていきましょう。

加水分解タンパクはアレルギーや腸が荒れている愛犬に有効ですが、食品安全委員会が行った実験では、加水分解タンパクの中に含まれる1,3-DCPや3-MCPDに発がん性があるということを認めています。
人間界ではうまみを引き上げる調味料として使われているので、私も愛犬もなんとなく避けています。
参考:食品安全委員会『食品中のクロロプロパノール類の概要』

ごはんくん

ちゃんと説明して欲しい部分だね

よくわからないものが多く含まれていないか

「これ、読めないけどなんだろう?、どんなものなのか想像もつかない。」

と思うものが書かれていたときは、まず検索しましょう。

よくわからないもの=食べ物ではない可能性が高い。ということを覚えておきましょう。

食材ごとの産地がわかるのがベスト

食材の産地がすべてわかるドッグフードは、きちんとした食べ物で作っているメーカーの証拠です。

多くのドッグフードで使われている食材は産地が不明、農薬の使用も不明、化学肥料をつかったのかも不明と、わからないことばかりで、私はとても不安です。

人間でたとえると、本名・年齢不明、住所不定、職業不明と同じです。

あまり信用できませんよね。

実際に食材ごとの産地がわかるドッグフードを探してみた結果、かなり少なくビックリしました。

ブランドや知名度が高いドッグフードは、中身がともなっていないものが多かったのですこしショックでした。

この際だから手作りごはんを作ってみようよ!

私は、4Dミートや添加物の話をネットで知ったあとに「ペットフードの危ない話」という本を読み、その日のうちにシュプレモを処分しました。

「なんかもう、全部信じられない。」

いまのあなたと同じ気持ちでした。

その日をさかいに、ドッグフードはやめて、手作りごはんをしています。

ドッグフードをあげるよりも工程も多いし時間もかかるし、不便です。

でも、あのときに4Dミートと検索してよかったと感じています。

手作りごはんのいいところは、なにで作られているかがわかり、無添加はもちろん、愛犬が喜んでくれることだと思っています。

ごはんのたびに嫌そうに、あんなにごはんを残していた愛犬はもういません。

ごはんをつくる作業は、10〜15分程度です。

食いつきがいいドッグフードを探してネットサーフィンするよりも、時間がかかりません。

手作りごはんに興味をもったかたは、まずは1食つくってみて、愛犬の顔をみてみてください。

いまあなたが抱えている悩みが消え去りますよ^^

ごはんを作ってあげたいけど、時間がないんだよなという方は、手づくりごはんのレトルトもあるので、気になる方はチェックしてみてはいかがでしょうか。

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる